ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

キズナー&ブラウンが首位 4打差内に13組の混戦

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 3日目(28日)◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7425yd(パー72)

スコアを伸ばしやすいフォアボール形式(それぞれ自分のボールを打ち、各ホールで良い方のスコアを採用する)で行い、首位と1打差の2位で出たケビン・キズナースコット・ブラウンが「64」でプレーし、通算20アンダーの首位に上がった。

首位から出たマイケル・キムアンドリュー・パットナムのペアは「66」で回り、トニー・フィナウダニエル・サマーヘイズ組と並んで通算19アンダーの2位に後退した。

この日ベストタイの「61」をマークしたブライス・ガーネットチェッソン・ハドリーが通算18アンダーの4位、同じく「61」を出したビリー・ホーシェルスコット・ピアシー組とジェイソン・ダフナーパット・ペレス組らは通算17アンダーの5位につけた。首位と4打差までに13組が入る混戦になった。

リオデジャネイロ五輪の金銀ペア、ジャスティン・ローズ(イングランド)とヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は通算15アンダーの14位。今年の「マスターズ」を制したパトリック・リードパトリック・カントレーのペアは通算14アンダーの19位になった。

最終日は1つのボールを交互に打ち合うフォアサム形式で行われる。

関連リンク

2018年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~