ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が2位に急浮上 4打差追いデイと最終組対決へ

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 3日目◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7215yd(パー72)

第3ラウンドを36位から出た松山英樹が7バーディ、2ボギーの「67」と伸ばし、通算10アンダーとして2位タイに浮上した。「73」とひとつ落とした首位のジェイソン・デイ(オーストラリア)とは、4打差。最終日最終組で、デイとの直接対決に臨む。

多くの選手がスコアメークに苦しみ、第3ラウンドで60台を出したのは3人だけ。松山は出だし3連続バーディで伸ばすと、前半を「34」で折り返した。後半も10番から3連続バーディを決め、一気にリーダーボードを駆け上がった。

「65」をマークしたケン・デュークアレックス・チェイカ(ドイツ)が、松山と並んだ。フランチェスコ・モリナリ(イタリア)が通算9アンダーの5位。

ケビン・チャッペルレティーフ・グーセン(南アフリカ)が、通算8アンダー6位につけた。ロリー・マキロイ(北アイルランド)は「75」と崩れ、通算5アンダーの15位に後退した。

ジョーダン・スピースリッキー・ファウラーは、この日に持ち越された第2ラウンドを終えて予選落ちした。

関連リンク

2016年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~