ニュース

米国男子チューリッヒクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 チューリッヒクラシック
期間:04/28〜05/01 TPCルイジアナ(ルイジアナ州)

B.スチュアードが三つ巴のプレーオフを制しツアー初優勝 デイは5位

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 予備日(最終日)◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7341yd(パー72)

連日のサスペンデッドで54ホール短縮競技となることが決定し、現地2日(月)の予備日にずれこんだ最終ラウンド。ブライアン・スチュアードが、アン・ビョンフン(韓国)、ジェイミー・ラブマークとの三つ巴のプレーオフを制し、ツアー初優勝を飾った。

スチュアードは2005年にプロ転向を果たした33歳。18番(パー5)で行われたプレーオフ2ホール目でバーディを奪い勝負を決した。

通算14アンダーの4位にボビー・ワイアット、通算13アンダーの5位に世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)ほか、クリス・カークジョナサン・ベガス(ベネズエラ)の3人。

通算11アンダーの8位にブライス・モルダー、パットン・キジール、ハロルド・バーナーIIIの3人がフィニッシュした。

連日の雷雨で月曜日に持ち越し 54ホール決戦に短縮へ(4日目)

◇米国男子◇チューリッヒクラシック 4日目◇TPCルイジアナ(ルイジアナ州)◇7341yd(パー72)

前日未消化の第3ラウンドが午前7時30分に再開されたが、悪天候により同10時8分に再び中断に入った。雷を伴う雨雲は上空を覆い続け、結局午後4時30分過ぎにサスペンデッドが決定。戦いは2日(月)に持ち越された。午前7時に再開予定だが、2013年の「ヒュンダイトーナメント・オブ・チャンピオンズ」以来の、54ホール短縮競技となる可能性が高い。

わずか5ホールしか第3ラウンドのプレーを終えていない最終組のブライアン・スチュアードジョナサン・ベガス(ベネズエラ)が通算13アンダーの暫定首位で並んでいる。1打差の3位に9ホールを完了したボビー・ワイアットが続いた。

世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)が前半アウトの8ホールまでに3つスコアを伸ばし、10アンダーの暫定5位タイに順位を上げた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 チューリッヒクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。