ニュース

米国男子ジェネシスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 ジェネシスオープン
期間:02/14〜02/17 リビエラCC(カリフォルニア州)

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

帝王が認めた“世界最高のパー4” ティショットの狙いは

2019/02/14 07:26


■リビエラCC 10番パー4(315yd)

◇米国男子◇ジェネシスオープン 事前情報◇リビエラCC(カリフォルニア州)◇7322yd(パー71)

ロサンゼルス郊外にあるリビエラCCの名物ホールはその昔、ジャック・ニクラスが“世界最高のパー4のひとつ”と称したホールです。ティからはわずか315yd、打ち下ろしのロケーションですが、攻め方の選択肢が多いため、頭をフル回転させなくてはなりません。

まずはティショットで「刻む」か「狙う」かの決断を迫られます。「刻む」を選んだ場合、ベストポジションは211ydのバンカーを越え、ラフに入る247ydまでの間のフェアウェイ。トッププロはロングアイアンでも打てる距離ですが、247yd地点までは緩やかに下っているため、フェアウェイが硬いときはラフまで到達してしまいます。キャリーで220yd前後、きっちりと高さの出る、スピンの入ったボールを打つことが必要になるのです。

ホール全体が右から左に下っているため、左につかまった球だとラフまで勢いよく突き抜けてしまう。かといって、“こすった”球でフェアウェイの右サイドに落とすと、第2打が大変難しくなる。右サイドのライは、左足下がりで、少しつま先上がり。さらにグリーンのタテ幅が6ydほど、手前にすぐバンカーがあるという難解なアングルになります。グリーンは左に、つまりフェアウェイ右サイドから打った場合は下り傾斜を狙うわけで、アゲンストの風が吹かない限りはウェッジでもボールを止めるのは至難の業です。

さて、1オンを「狙う」ケース。基本的には南西からの風、ティから見て右からの風が吹く時はまだ易しい。もちろんグリーンに乗れば最高ですが、ピンが手前の時は左サイドの270yd前後のバンカーも悪くない。30ydほどのバンカーショットでバーディチャンスを作れます。ただし、左に行き過ぎると木の密集地帯からの脱出が厄介。そしてグリーン右のバンカーに入れると、左足下がりになることが多く、グリーンを越えてまた奥のバンカーに入ってしまうことも少なくありません。

リビエラCCはクラシックな造りで木が多いコース。池がないのも特徴です。ティショットの出来がスコアメークを左右します。カリフォルニアはここ最近、雨が多い。フェアウェイが軟らかいと体感距離は長くなります。これが乾き始めると、グリーンが硬くなりシビアな距離感を要求されるので、難度は上がるでしょう。パッティングでは、ボールをキレイに転がしてくれないポアナ芝のグリーンとの我慢比べもキーポイントになります。(解説・進藤大典)

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2019年 ジェネシスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~