ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

進藤大典 PGAツアー・ヤーデージブック読解

5年前はパー5 今大会は最長500yd超え折り返しのパー4に

TPCハーディングパーク 9番パー4(515yd)

今回の「全米プロゴルフ選手権」がメジャー初開催となるTPCハーディングパークは、2015年に「WGCキャデラックマッチプレー」の舞台となったコースです。09年には「プレジデンツカップ」も行われており、松山英樹選手とともにWGCに挑んだ際は、その「プレジデンツカップ」のホールロケーションなどを参考データとして持ち込みました。

しかし、実際には2つの大会で異なるピン位置を採用したホールもあり、肝を冷やしたことを覚えています。世界ランキング1位のジャスティン・トーマスは先週、このコースについて事前情報を持ち合わせていないとコメントしていましたが、プレー経験がある選手も開幕までに情報を更新しながら準備を整えていることでしょう。

<< 下に続く >>

その意味で、最初にピックアップした9番は大きく意識を切り替えて臨む必要がありそうです。マッチプレーのときはパー5の18番だったホールが、今大会唯一の500ydを超えるパー4となって立ちはだかります。

左右に糸杉がそびえ、ほぼ真っすぐなホール。距離がある分、ティショット、2打目と精度の高いつなぎができなければ、パーオンも危うくなります。手前の花道も、しっかり右にバンカーが配置されていますから、グリーンを狙うショットは横幅15yd以内に収めなければいけません。

このTPCハーディングパークは、もともとの地形の緩やかな傾斜を生かしてつくられています。9番も実際に立ってみると、特にグリーンは右から左へ全体傾斜がついているのがわかります。左サイドにピンを切ることが多く、寄せるのが難しい左のバンカーを避けようと右に打てば、全体傾斜によって下っていくパットを打たされることになります。

5年前、松山選手は2日目の18番で4Iの見事なセカンドショットを放ち、イーグルを奪ったこともありました。この難関ホールでバーディなら最高ですが、パーセーブでも十分に勢いに乗って勝負のバックナインに入れるはずです。(解説・進藤大典)

おすすめ記事通知を受け取る

進藤大典(しんどう・だいすけ)
1980年、京都府生まれ。高知・明徳義塾を卒業後、東北福祉大ゴルフ部時代に同級生の宮里優作のキャディを務めたことから、ツアーの世界に飛び込む。谷原秀人、片山晋呉ら男子プロと長くコンビを組んだ。2012年秋から18年まで松山英樹と専属契約を結び、PGAツアー5勝をアシストした。

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!