ニュース

米国男子BMW選手権の最新ゴルフニュースをお届け

苦しみ続けたパットが貢献 K.ブラッドリーの優勝クラブ

「BMW選手権」の72ホール目だけを見た人であれば、キーガン・ブラッドリーがプレーオフに持ち込まれた原因は2.5mのパーパットを外したパターにあると考えるかもしれない。しかし実際のところ、パターこそブラッドリーに大会制覇をもたらしたクラブだったのである。

キャリアを通してアンカリングでパッティングしていたブラッドリーは、2011年にそのスタイルで中尺パターを手に「全米プロゴルフ選手権」を制覇したが、16年に禁止のルールが施行されて以降のパッティングは二流ないしは三流の選手であると考えられてきた。しかし、今週のアロニミンクGCにおけるストローク・ゲインド(スコアに対するパット貢献度)で、フィールド平均に対して7打以上の差をつけて1位を記録したのである。

月曜日の最終ラウンドで、ブラッドリーはオデッセイのワークス VERSA レッド ♯1W アームロック パターを駆使し、パッティングのストローク・ゲインドで「3.182」をマークした。パターの長さは43インチあり、マット・クーチャーと同じように(完全に同一ではないが)、左腕にパターを固定することができるよう長くなっている。

サンドセーブでは堅実なパッティングを頼りに9回中6回で成功し、最後まで勢いを保った。58 度のウェッジはクリーブランドの新モデルであるRTX-4 ウェッジのローバウンスを使用しており、シャフトはトゥルーテンパーのダイナミックゴールドS400を使用している。(米ゴルフダイジェスト誌:E.Michael Johnson 翻訳:平床大輔)

【使用ギア一覧】
ドライバー:テーラーメイド M2 ドライバー(10.5度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD IZ-6
フェアウェイウッド:テーラーメイド M4 フェアウェイウッド(3番16.5度)
ユーティリティ: キャロウェイ APEX ユーティリティ(20度)、ダンロップ スリクソン Z U65 ユーティリティ(3番)
アイアン:ダンロップ スリクソン Z745 アイアン(4番~9番)、ダンロップ スリクソン Z745 アイアンダンロップ スリクソン Z945 アイアン(PW)
ウェッジ:クリーブランドRTX-3プロトタイプ(52度)、クリーブランド RTX-4 ウェッジ(58度)
パター:ワークス VERSA レッド ♯1W アームロック パター
ボール:ダンロップ スリクソン Zスター XV ボール

(C) 2018 Golf Digest Publications. All rights reserved

関連リンク

2018年 BMW選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~