ニュース

米国男子ウィンダム選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2018年 ウィンダム選手権
期間:08/16〜08/19 セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)

アイアンの軽量シャフトが鍵 B.スネデカーの優勝ギア

ブラント・スネデカーがツアー9勝目をあげたが、楽々勝利の輪に戻ったと評することはテネシー州出身の男を不当に扱うことになるだろう。

というのも、この週末はグリーン上の腕前が影を潜め、日曜は18ホール中17ホールでパーオン。大きなミスを避けることに成功しただけでなく、最終ホールを含む6つのホールでバーディパットを沈めた。最終日は「65」でラウンドし「ウィンダム選手権」2勝目を挙げたからである。

スネデカーはキャビティバックのツアーモデルである、ブリヂストンJ15 CBアイアンを使用。興味深いことに、アイアンにスチールシャフトを使用する大半のプロとは異なり、標準的なスチールシャフトより30g軽量のエアロテックスチールファイバー製のシャフト(Sフレックス)を使用している。

スチールファイバーはスチール同様のパフォーマンスを実現しつつ、グラファイトの持つ重量面の恩恵を受けるように設計されたカーボンシャフトであり、PGAツアーではマット・クーチャーが同じシャフトを使用している。

彼の使用するタイトリストボーケイプロトタイプの60度ウェッジは鍵となったもう一つのギアだ。15番ホールではグリーン脇のラフから試合の行方を左右する決定的な寄せワンのバーディを奪った。また今週はティからグリーンにかけてのストローク・ゲインドで2位にランクインした。(米ゴルフダイジェスト誌:E.Michael Johnson 翻訳:平床大輔)

【使用ギア一覧】
ドライバー: ブリヂストンJGRドライバープロトタイプ(9.5度)
シャフト: グラファイトデザインIX-6X
フェアウェイウッド: テーラーメイドM3フェアウェイウッド(3番15度、5番19度)
アイアン: ブリヂストンJ15 CBアイアン(4-9番)、ブリヂストンJ40(PW)
ウェッジ: ブリヂストンJ15(51度、55度)、タイトリスト ボーケイプロトタイプ(60度)
パター: オデッセイ ホワイトホットXG Rossie
ボール: ブリヂストン ツアーB Xボール

(C) 2018 Golf Digest Publications. All rights reserved

関連リンク

2018年 ウィンダム選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~