ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

メジャー3勝目 ケプカの優勝セッティング

堅調なショットとショートパットの安定感が光ったブルックス・ケプカが「全米プロゴルフ選手権」でタイガー・ウッズに2打差をつけ、今季2度目、通算3度目となるメジャー制覇を果たした。

三菱ケミカル ディアマナホワイトボードD + 70シャフトを装着したテーラーメイドM3 460ドライバーを使ったケプカは平均飛距離を324.2ydとし、全体2位に入った。ケプカはもともとM4モデルを使用していたが、ウェート調節のできるM3モデルにスイッチした。

ティからグリーンにかけてのストローク・ゲインドでも2位にランクイン。大会4日間を通じ、フィールド平均に11ストローク以上の差をつけた。アイアンはもうかなり使い込まれた状態となっているが、結果を出し続けている。現在、ミズノと契約しているわけではないが、同社のJPX 900ツアーアイアンを使用している。

同モデルはタイトリストと契約が満了するタイミングでミズノがケプカを想定し、製造した。その後、ケプカはナイキと契約したが、2016年8月のクラブ事業撤退に伴い、再度ミズノが接触。オフシーズンのテストを経てバッグに収まった。

仕様は標準の長さで、0.5度アップライトになっている。余談だが、ケプカは練習で奇数の番手しか使用しないため、奇数の番手のみ、頻繁に新しいセットが必要となる。

パターはスコッティキャメロン ニューポート2 SLT 10を使い、最終日には3m以内を決め6バーディを奪った。パッティングのストローク・ゲインドでフィールド平均に5ストローク近い差をつけた。これが決め手となり、メジャー3勝目を勝ち取ったと言える。(米ゴルフダイジェスト誌:E.Michael Johnson 翻訳:平床大輔)

使用ギア一覧
ドライバー:テーラーメイドM3 460ドライバー(9.5度)
シャフト: 三菱ケミカル ディアマナホワイトボードD + 70
フェアウェイウッド:テーラーメイドM2フェアウェイウッド(3番、16.5度)
アイアン:ナイキ ヴェイパー フライ プロ(3番)、ミズノ JPXツアー900(4番~PW)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイデザインSM7ウェッジ(52度、56度)、タイトリスト ボーケイデザインSM4 TVD(60度)
パター:スコッティキャメロン ニューポート2 SLT 10
ボール:タイトリスト プロV1xボール

(C) 2018 Golf Digest Publications. All rights reserved

テーラーメイド
ツイストフェースで芯を外しても狙ったところに飛んでいく
発売日:2018/02/16 参考価格: 77,760円

関連リンク

2018年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~