GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

コブラのウッド新ラインを初投入 ファウラー「61」を生んだギア

最終日に「61」をたたき出して優勝したファウラー(Mike Ehrmann/Getty Images)

「ヒーローワールドチャレンジ」は、最終日に11バーディの「61」をマークする圧巻のパフォーマンスを見せたリッキー・ファウラーが、チャーリー・ホフマンとの7打差を逆転して制覇した。

バハマでの勝利は、コブラの新しいF8+ラインのウッドを競技で初めて投入したというオマケつきだった。数カ月間に及ぶテストの末、ファウラーはヒーローでF8+のドライバー、3W、5Wをバッグに入れた。

ファウラーはこれまで同様、短め(43.5インチ)のシャフトをドライバーに差している。さらに、ドライバーのソールに12グラムのウェイト(3種類のウェイトのうち最も重いタイプ)を取り付け、低スピンと突き刺すような弾道を実現させている。

もちろん「61」をたたき出すには、パットを決める必要がある。ファウラーはこの大会で、2014年の「ノーザントラストオープン」で初めて投入したスコッティキャメロンのニューポート2 GSSプロトタイプを使用。13年来のスコッティキャメロンユーザーであるファウラーは、キャメロンのパッティングスタジオで相のテストを行っており、その場では上半身と下半身が別方向に動いていることが明らかになった。

キャメロンとフィッターは、元々タイガー・ウッズのために作られたニューポート2モデルで、よりフェースの浅いモデルをファウラーに提供した。35インチのパターには2つあるバンパーのそれぞれに“Rickie”と“Fowler” の刻印が施されている。(米ゴルフダイジェスト誌:E.Michael Johnson 翻訳:平床大輔)

使用ギア一覧
ドライバー: コブラキングF8+(8度)
シャフト: アルディラNV 2K Blue(70x)
フェアウェイウッド: コブラF8+(3番、13度)、コブラF8+ Baffler(5番、14.5度)
アイアン: コブラキングフォージドMB(4番?PW)
ウェッジ: コブラキングVグラインド(52度、56度、60度)
パター: スコッティキャメロン ニューポート2 GSSプロトタイプ
ボール: タイトリスト プロV1

(C) 2017 Golf Digest Publications. All rights reserved


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~