ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

完全Vでメジャー2勝目を挙げた原英莉花の優勝ギア

2020/11/30 17:30


◇国内女子メジャー第3戦◇JLPGAツアー選手権リコーカップ 最終日(29日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

21歳の原英莉花が完全優勝で、ツアー通算3勝目を挙げた。10月「日本女子オープン」に続くメジャー連勝。メジャー初制覇の時と比べて、「今週は全く自分のショットに信頼を置けなかった。最終日に出る前、結構不安で『どうなるかな』という気持ちはあった」と振り返った。支えたのは14本のクラブだ。

<< 下に続く >>

優勝争いに拍車がかかった後半、14番でボギーをたたいてスコアを伸ばせずにいた。続く15番でも2打目をグリーン奥のラフへと転がし、ピンまで20ydとピンチを迎えたが、「イメージ通り打てました」とカップまで数十センチに寄せてパーをセーブした。

「バンカーショットをはじめ、フェアウェイ、ラフとしっかり自分が思う距離感を出せるっていう強みがあって、クラブがマッチングしてから自信に繋がった」。ウェッジはオフセットとなっており、「(ソールの)ラウンドはきつくなく、シンプルな形だと思う」(ミズノ担当者)。

今大会のグリーンは芝目がきつい高麗芝だった。各選手が口を揃えて攻略に頭を抱えたが、原は最終日に6番で4m、10番で7m、13番で1.5mを沈めてバーディを奪取。「どっちに行くか分からないので、50㎝くらいを真っすぐに(打ち)出す練習をずっとやっていました。ショットは本当に頼りなく、今までとは違う自分のプレーで、誰がプレーしているのだろうって何回も思うぐらいパッティングに支えられたプレーでした」

「日本女子オープン」から大きく変えたのはドライバー。以前使用していた「ミズノプロ モデル-E ドライバーはツアー初優勝した2019年5月頃から使用していたもの。同担当者によると「昨年ぐらいから『雨の日とかになると滑る』という話になった」と今年初めの「ISPS HANDA オーストラリア女子」や「アース・モンダミンカップ」からシャフト変更など微調整をしながらも、徐々に使用していたそう。12月「全米女子オープン」の出場が決まり、「(全米女子が)どんな天気になるかも想像できなかったのでやっぱり替えよう」と今大会で投入。米国での戦いつなげる勝利となった。

ドライバー:ミズノ ST200X ドライバー(8.5度)
フェアウェイウッド:ミズノ ST200 フェアウェイウッド(3番14度、5番17度)
ユーティリティ:キャロウェイ マーベリック ユーティリティ(4番20度)
アイアン:ミズノ JPX921ホットメタル(5番~PW)
ウェッジ:ミズノ オリジナル(48、52、58度)
パター:オデッセイ トゥーロン パター サンディエゴ
ボール:ブリヂストン ツアーB X ボール

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!