ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

クラブ契約フリーの市原弘大 ケプカのアイアンを“ポチっ”とお買い物

2018/11/19 16:00


大会名:ダンロップフェニックストーナメント
日時:2018年11月15日(木)~18日(日)
開催コース:フェニックスカントリークラブ(宮崎県)
優勝者:市原弘大

市原弘大が6月の国内メジャー「日本ツアー選手権森ビル杯」以来となるツアー通算2勝目を飾った。最終日に1イーグル7バーディ、1ボギーの「63」をマークして通算15アンダー。5打差を逆転し、豪華な歴代優勝者のリストに名を連ねた。

初優勝時からスイッチしたギアはSWと、1Wのシャフトだけ。7月に発売されたUST マミヤ The ATTAS(ジ・アッタス)を夏場に装着した。「直進性が強く、ボールのねじれが少ない。変なボールが出ないのが大きいです。しなりが素直で振りやすい。シンプルな方が緊張しているときにはいい」と利点を解説した。

昨年末、シード落ちの無念を味わった36歳は、特定のメーカーとクラブ契約を結んでいない。来季に向けても「まだ具体的な話はないですけど、クラブに関してはフリーがいいかなと思っています。いろんなものを打って、納得したものでプレーしたい」という。

興味のあるクラブを自費購入することも多い。実はこの夏、「ブルックス・ケプカのアイアンを買いました」と明かす。今年、メジャー2勝を挙げた世界ランク1位が使う、ミズノ社製の「JPX900ツアーアイアン」は米国限定モデル。「日本では売っていないし、見ることもできなかったので。“ポチっと”しました。世界のナンバーワンのアイアンってどんなものだろうと思って」。試打してみると、重心距離がやや短い印象を持ち、試合で使う機会はなさそうだというが「冗談でフェニックスに持って行って、サインしてもらおうかなと言っていたくらい」と笑った。

<最終日の使用ギア一覧>
ドライバー:キャロウェイ ローグ サブゼロ ドライバー (9度)
シャフト:UST マミヤ The ATTAS(ジ・アッタス) (重さ60g台、硬さX、45インチ)
フェアウェイウッド:キャロウェイ スティールヘッド XR フェアウェイウッド(3+番13.5度)
ユーティリティ:キャロウェイ GBB エピック ユーティリティ(2番18度、3番20度)
アイアン:キャロウェイ X フォージドアイアン(4番-PW)
ウェッジ:フォーティーン RM22 ウェッジ(52度)、ジューシー ウェッジ プロトタイプ(58度)
パター:Yes! ナタリー
ボール:ブリヂストン ツアーB X ボール

関連リンク

2018年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~