ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

夢のクラブ? “元ナイキ”の職人が立ちあげた新ブランドとは

2018/12/26 07:10

ナイキゴルフがクラブ、ボール、キャディバッグの製造事業から撤退したのが2016年8月。それから半年後の17年2月、かつて同社でクラフトマンとして働いていたマイク・テーラーとジョン・ハートフォードのふたりは、ナイキのテストセンター兼工房だった通称”オーブン”の施設をほぼそのまま引き継ぎ、新会社を設立した。

その名は「アーティサンゴルフ(ARTISAN GOLF)」。今年4月の「マスターズ」でパトリック・リードが優勝した際に使っていたウェッジを作った。それが世界に伝わってからというもの、テーラー氏の携帯電話はひっきりなしに鳴ったという。

テーラー氏は87年、地元のテキサス州フォートワースにあったベン・ホーガン社にエンジニアとして入社した。その後、いくつかのメーカーを経て、2003年にナイキのクラフトマンに加わった。用具製造事業からの撤退を知らされた際には「何をしていいかわからなくなった」とショックは大きかったが、引き続き同社製のクラブを使う選手のサポートを続けながら、ハートフォード氏と新ブランドを立ち上げた。

ナイキ時代にはタイガー・ウッズのアイアンを削ったテーラー氏。ウッズが現在使用する新しいアイアンを作る際にも、契約メーカー(テーラーメイド)のアドバイザーとして参加している。

アーティサンゴルフは従業員が6名という少数精鋭の職人集団。販売専門スタッフも不在で、現在は多くの注文に応えられる体制が整っていない。ホームページには電話番号もなく、問い合わせ専用のメールアドレスがあるだけだ。それでもテーラー氏は「休みがないほど注文が多い」と、毎日のようにウェッジを削る。

現在はウェッジ(250ドルから)とパター(875ドルから)のみの製造を行っているが、来年にはアイアンのフルセットを完成させる予定だという。ただし、今から注文しても発送時期は分からないという状態は変わらず、いつかは手にしてみたい夢のクラブとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。