ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2018年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)

開幕の前に!「全米オープン」仕様のヘッドカバーをチェック

2018/06/14 12:27

◇メジャー第2戦◇全米オープン 事前情報(13日)◇シネコック・ヒルズGC(ニューヨーク州)◇7445yd(パー70)

今季のメジャー第2戦「全米オープン」は、いよいよ14日(木)に開幕。2004年大会以来、14年ぶりにニューヨーク州のシネコック・ヒルズGCで開催する。選手をサポートする各メーカーは、4大メジャーに特別仕様のキャディバッグやヘッドカバーを作るのが恒例だ。米国の王手ブランド、キャロウェイゴルフ、テーラーメイド、スコッティキャメロンの限定モデルを現地でキャッチした。

■キャロウェイはロングアイランド最東端のシンボル

星条旗のカラーリングが施されるのが、最近の全米オープン仕様。今年は舞台が米国の“中心”であるニューヨーク州とあって、その流れに拍車がかかった様子だ。キャリアグランドスラムがかかるフィル・ミケルソンらが契約するキャロウェイゴルフはヘッドカバーに、コースのあるロングアイランドの最東端、モントークポイント灯台をあしらった。同社が展開するオデッセイパターももちろん同じ。

■ニューヨークと言えば…のテーラーメイド

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンをはじめ、スター選手ぞろいのテーラーメイドは「ベースボールの国」の印象を強く打ち出したものに。ヘッドカバーには野球ボールの縫い目のデザインがあしらわれている。ピンストライプから連想されるのはやはりニューヨーク・ヤンキースではあるが、同社は今回、そこを明言していない。ライセンスの問題かなあ?

■スコッティキャメロンはズバリ!

(たかが)ヘッドカバーなのに、市場に出回ると数万円のプレミア品になってしまうのが、パターの老舗ブランド、スコッティキャメロンのグッズ。タイトリスト契約の選手でなくとも、使用者はたくさんいる。今回のコレクションはある意味驚き…ズバリUSA!! 外国人がこれ使うの、ちょいと違和感ありませんかね。

関連リンク

2018年 全米オープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~