ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

ボブ・ボーケイ氏が来日 新ウェッジをPR

◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス事前情報(13日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

ボーケイウェッジの生みの親、ボブ・ボーケイ氏が、3月22日より発売される新作「ボーケイフォージド(VOKEY FORGED)」のプロモーションのため来日した。13日(水)は女子ツアー会場に姿を見せ、タイトリストと契約を結ぶ菊地絵理香を激励、笑顔で談笑した。

菊地が「どうしたらいい音が出ますか?」と質問を投げかけると、ボーケイ氏はウェッジを手に取ってフェースをまじまじと眺め「フェースの中心で打ちなさい。2本目と5本目の溝(グルーブ)の間にインパクトしているから最高だね」と笑顔で答えた。さらに「少しヒール寄りに跡がある。左にミスする?フェースを見ればわかる」と指摘。すると菊地は「そうなんです、全部ヒール寄りに当たっちゃう」と目を丸くした。

ボーケイ氏は5代目となる新作について、「これまでに積み重ねてきたボーケイ・デザインウェッジのテクノロジーをすべて詰め込んだ。日本のコーライ芝に刺さらないようにするために、リーディングエッジが削れているのが特徴。これまでで最も打点と重心の位置を近づけることができ、許容性が高くなった。ツアープロからアベレージゴルファーまで、すべてのゴルファーが易しく感じられるウェッジに仕上がった」と説明した。

日本のアマチュアゴルファーに対しては「自分に合ったスペックのものを見つけることが重要。そうすれば自然とうまく打てるようになる」とフィッテイングの大切さをアピールした。(高知県香南市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ




特集SPECIAL

2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。