ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛はマレットで新シーズンへ 渋野日向子はシャフト変更/開幕戦使用クラブ【ピン編】

国内女子ツアーは25日開幕の「アース・モンダミンカップ」(千葉・カメリアヒルズCC)で2020―21シーズンが動き出す。約4カ月遅れで迎える開幕戦で選手たちが使用予定のクラブを契約メーカー担当者に聞いた。第3回は鈴木愛渋野日向子らが契約するピン。

鈴木愛

賞金女王の鈴木愛は毎試合16本を用意し、開催コースによって14本を選ぶスタイル。パターはピン型でエースのピン ヴォルト アンサー2 パターではなくマレット型を使用予定。3連勝を挙げた昨季の終盤からモデルチェンジはなくフェアウェイウッド、ユーティリティの構成を組み替えながら試合に臨むという。

<< 下に続く >>

ドライバー:ピン G410 LST ドライバー(10.5度)
フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド(3番14.5度、5番17.5度、7番20.5度)
ユーティリティ:ピン G400 ハイブリッド(4番22度、5番26度)、ピン G410 ハイブリッド(6番30度)
アイアン:ピン i210 アイアン(6番~P)
ウェッジ:ピン グライド 2.0 ウェッジ SS(50、54、58度)
パター:ピン G Le 2 ECHO

渋野日向子

渋野日向子は14本のヘッドに変更はないが、昨季からシャフトを変更。1Wのシャフトはスピーダー エボリューション 6(44.75インチ、SR)からベンタス 5S(44.75インチ、S)に替えた。アイアンのシャフトは硬さをRからSに替えてオフに練習したが、現在はRに戻したという。

ドライバー:ピン G410 プラス ドライバー(10.5度)
シャフト:藤倉コンポジット ベンタス 5S(44.75インチ、S)
フェアウェイウッド:ピン G410 LST フェアウェイウッド(3番14.5度)、ピン G410 フェアウェイウッド(5番17.5度)
ユーティリティ:ピン G410 ハイブリッド(4番22度、5番26度)
アイアン:ピン i210 アイアン(5番~P)
ウェッジ:ピン グライド 3.0 ウェッジ SS(52、56度)
パター:ピン シグマ2 アンサー パター

比嘉真美子

飛ばし屋・比嘉真美子ピン G410 フェアウェイウッド(3番14.5度、7番20.5度)の2本体制でコースに入ったが、この2本を抜いて5番(17.5度)を投入予定。ピン G410 ハイブリッド(5番26度)も会場で投入を決めたという。

ドライバー:ピン G410 プラス ドライバー(9度)
フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド(5番17.5度)
ユーティリティ:ピン G410 ハイブリッド(4番22度、5番26度)
アイアン:ピン i210 アイアン(5番~P)
ウェッジ:ピン グライド フォージド ウェッジ(50、56、60度)
パター:ピン PLDアンサー5 パター

セキ・ユウティン

前年下部ツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」で優勝したセキ・ユウティン(中国)。安定感あるクラブで初のシード獲得を目指す。

ドライバー:ピン G410 LST ドライバー(9度)
フェアウェイウッド:ピン G410 フェアウェイウッド(3番14.5度)
ユーティリティ:ピン G400 ハイブリッド(3番19度)、ピン G410 ハイブリッド(4番22度)
アイアン:ピン i210 アイアン(5番~P)
ウェッジ:ピン グライド フォージド ウェッジ(50、54、58度)
パター:ピン シグマ2 アンサー パター

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!