ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップの最新ゴルフニュースをお届け

「いま僕はココにいます」Vol.19 千葉編

2017/09/21 11:30


人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・24歳。2012年のプロデビューから5年間で巡った国の数は20以上。活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。世界を旅することこそが、幼い頃からの夢だった。傍らにはキャディバッグと小さなスーツケース。ゴルフで旅する渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

<< 下に続く >>

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、千葉にいます。

欧州から帰国して、前週の北海道での日本ツアーに続き、今週はアジアンツアーとの共同主管試合「アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ」に出場します。会場のカレドニアン・ゴルフクラブには初めて来ました。ダイヤモンドカップでこれまで巡ってきた日本の伝統的なコースとは少し違い、アップダウンも適度でグリーンのアンジュレーションが多い、アメリカンスタイルに感じます。距離は7100yd(パー71)と長くありませんが、アジアから来た選手たちは「ラフが深い…」と感じているようでした。

今週は大会のホストプロを務めています。主催の三菱商事さまとスポンサー契約を結ばせていただいて今年で4年目。これまでゴルフでたくさんの国を旅してきましたが、各国の駐在員の方々にお世話になってきました。アジアの国々を回るのは、危険も付きまといます。その都度、運転手付きの自動車をはじめ、現地でアテンドをしてくださったりと、ゴルフに集中できる環境を整えていただいています。

特にインフラの整備が十分でなかったり、治安への不安などが多少あったりと、これから発展が見込める地域は、日本の大企業にとってはビジネスチャンスでもあるそうです。ゴルフばかりやってきた僕の年齢ではなかなか出会えないような方々との会食の機会は、本当に貴重なもの。最近では現地でつながりを得た皆さんが帰任され、日本で再会できることも楽しみのひとつです。

今週はアジアンツアーを兼ねた年間最後の日本ツアー。いまは1年に4試合行われていますが、これからさらにこういった試合が増えると面白いと思います。アジアンツアーは近年、欧州ツアーとの共催試合を増やしています。日本ツアーもアジアだけでなく欧州や米ツアーとの共催試合があってもいいんじゃないかなあって。先日は成田でPGAツアー・チャンピオンズも開催されましたしね。様々な国を巡っていると、多くの選手が「日本に行ってみたい!」と話してくれるんですから。他国の選手との交流は、ゴルフのレベルアップにも、何より普段の生活を楽しくしてくれることにもつながるんじゃないかなと実感しています

<今週のランチ>
国内での久々のクラブハウスランチ。マグロ丼です。漬けまぐろの美味しさは、やっぱり日本で実感できますね。値段は1500円でした。

おすすめ記事通知を受け取る
旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(27)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

関連リンク

2017年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!