ニュース

米国男子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

ロリー・マキロイのパター変更が五輪で奏功

今季序盤、アイアンのプレーに精彩を欠いていたロリー・マキロイは、かつて成功を収めたセットに戻した。ブレード型のテーラーメイド ロールズ プロトに戻したことが功を奏し、マキロイは5月「ウェルズファーゴ選手権」を制覇し、2019年以来のツアー優勝を遂げた。

今週、埼玉の霞ヶ関CCで開催されている東京五輪ゴルフ競技でも同じロジックを適用した。

<< 下に続く >>

シェーン・ローリーとともにアイルランドを代表してプレーしているマキロイは、グリーン上にて、最初のメジャー2勝を挙げた際に使用していたパターに近いスコッティキャメロン009Mパターでプレーした。

「できる限りアスレチックに、そして本能的にプレーする感じに戻したいと思ったんだ。あのブレードのあのスタイルのパターは、それをやりやすくしてくれている」

マキロイは金曜に「66」をマークした後に述べた。「僕をとてもターゲット志向に、そして集中してプレーする感じにしてくれるんだよ。(下を見ながら)ここではなくてね」

009Mにより、自由奔放だった若かりし頃を思い起こすかと問われたマキロイは、「ああ、そうだね」と答えた。

ゴルフチャンネルのトッド・ルイスは、2016年のメジャー「全米プロゴルフ選手権」の際、スコッティ・キャメロン自ら009Mパターをマキロイのロッカーに置いたとレポートした。

マキロイは新型コロナウイルスのロックダウン中、このパターで「色々と遊んでいた」と述べたが、競技では今回がデビュー戦となる。

過去3年にわたり、マキロイは主にマレット型のテーラーメイド スパイダーXモデルでパットしてきた。46位タイに終わった7月のメジャー「全英オープン」では、スパイダーXハイドロブラストを使用した。

マキロイはパッティングのストロークゲインドで86位にランクされている。フェデックスカップを制覇した2019年に、同スタッツでキャリアハイの24位に入ったが、昨季は122位に沈んだ。

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2021年 東京五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!