ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 AT&Tバイロン・ネルソン
期間:05/13〜05/16 場所:TPCクレイグランチ(テキサス州)

ジョーダン・スピースが4年ぶりにボールを新プロV1xに変更

ジョーダン・スピースが「AT&Tバイロン・ネルソン」で大きな意味を持つ用具変更に踏み切った。タイトリストの新プロV1x ボールを実戦投入したのである。

キャリアを通じて、一貫してプロV1xボールを使用してきたスピースは、これまで2017年モデルをリリース直後から使用し続けてきた。しかしながら、前週の練習セッションで2021年モデルをテストした27歳は、最新モデルを自身のバッグへ入れることに決めた。

<< 下に続く >>

主な理由の一つは、打感の柔らかさが増したこととスピン量だった。かつてのフェデックスカップ王者は、プロV1xの2021年モデルでは、ロングアイアンでスピン量が増えることなく、代わりにボール初速と最適な打ち出し角が得られることに気がついた。

「全番手で打ち出しの状態を最適にしようとしている。僕にとって2021年のプロV1xは、グリーン周りでよりスピンを得ることができる。打感はより柔らかく、グリーン周りのショートゲームのショットでスピンが多くなるね。より長い番手になると、打ち出し角は高くなるが、スピン量が増えることはない。単に、ボール初速と打ち出し角が上がる」

「ウィンドウ(打ち出し直後のボール位置)は少し高くなったけど、空気を切り裂いているように見える。そして7番アイアン以下では、フルショットでそこまで違いはないのだけれど、さっきも言ったように、グリーン周りでは違いが見られる」

テキサス州出身のスピースにとって、「AT&Tバイロン・ネルソン」は、2016年に16歳でツアーデビューを果たしたホームゲーム。2021年に復活を遂げたスピースは、「バレロテキサスオープン」で優勝するなど、今季はすでに5回のトップ5入りを果たしている。

「ローンスターステート」の異名を持つテキサスでの大会は、変わりやすい天候と、プレーを左右する風のため、難しいコンディションでのプレーが常。スピースによると、TPCクレイグランチで風が強くなるようであれば、新プロV1xによるグリーン周りでのスピン量の増加が助けとなる。

「風の強いタフなコンディションでは、トラブルに陥り、ピン位置のショートサイドからプレーしなければならないことが増えるけれど、グリーン周りで余分にスピンが得られるのは良いこと」とスピース。

「マスターズ」以降、実戦から遠ざかっていたスピースだが、その期間を利用して新しいボールに慣れることができた。徹底的な試打セッションを重ねて新たにバッグに加えたボールが、スコアメークの鍵を握るクラブでの一貫性を高めると確信している。

「僕はスリークォーターのウェッジショットや、スコアメイクをするウェッジを使った様々なコントロールショットで、どうフィーリングが異なるのか、そして、何か問題になりうる点はあるかどうかを見定めていた。ウェッジで低いボールを打つのが好きだから、よりスピン量が増えれば、より一貫性が増すと思う」

(協力/GolfWRX、PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2021年 AT&Tバイロン・ネルソン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!