ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

アクシェイ・バティアの使用ギア

傑出したジュニアゴルファーのアクシェイ・バティアが昨年、大学へ進学せずにプロへ転向した際は大きな話題となった。史上最年少で「ウォーカーカップ」にて米国代表としてプレーしたバティアは、わずか17歳で一足飛びにプロゴルファーとなった。

ジュニアレベルでの席巻から、彼に対する期待値が高いのは言うまでもなく、全ての耳目が若き才能に釘付けとなった。バティアとコーチのジョージ・ガンカスは、バティアの大学ゴルフの経験不足を補うべく、現実的なプランを育んできた。そして今、我々はそれを若きバティアに見ているのである。

<< 下に続く >>

デビューした昨年9月以降、予選通過こそ数回に留まったものの、彼は順調に前進を続けており、それは2週間前に開催されたシーズン開幕戦の「セーフウェイオープン」で9位に入ったことで結実した。

現在18歳のバティアは、ジャスティン・ローズ(イングランド)が「全英オープン」で4位に入った1998年以降で、PGAツアーでトップ10入りした最年少選手となった。バティアはトップ10入りしたことにより、前週のドミニカで開催された「コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権」の出場権を手にした。

若いプロ、特に10代のプロであれば、彼ら自身と彼らのゲームについての理解を深め、成熟するのに時間がかかるものである。そして、自分自身と自分のバッグのマネジメントが、大舞台に立つ上で最も重要な物の一つであるのは間違いない。

バティアはキャロウェイのツアーサポートを受けており、特にツアーマネージャであるジェイコブ・デイビッドソンがその任に当たっている。デイビッドソンの助力により、バティアはキャリアを通じて驚くべき効果を発揮してきた自身のDNAに頼りつつ、徐々にバッグに微妙なニュアンスを加え始めた。

デイビッドソンと膝を突き合わせる機会を得たGolfGRXは、次の話を聞き出した。

ツアーマネージャとの一問一答

WRX:昨年以降、バティアの用具に関する知識はどのように発達しましたか?

デイビッドソン:アクシェイは自分の用具について、とても素晴らしい眼識と感覚を持っています。スペック、グラインド、そして重さの違いは、即座に分かります。これに関して、彼はその感覚の良さから、かなり敏感です。これは、素晴らしい手の感覚を持った、創造性のある選手である兆しです。アクシェイは、あの年齢の選手として、こうした全てのことをかなり良くこなします。彼は自分の用具について、かなり成熟しており、理路整然と話すことができます。

WRX:彼の用具に対する敏感さはどのようなものですか?彼は数値重視派と感覚派のどちらでしょうか?

デイビッドソン:アクシェイは手にしただけで、ショットを打たなくても即座に違いを言い当てることができます。しかしながら、アクシェイはトラックマンをもう3、4年ほど使用しており、数値にも過剰なほど気を配っています。彼は数値と感覚の両方を使いこなす類い稀な選手です。

WRX:振りの速い選手であることから、フェースの安定度とスピンコントロールが何にも増して重要かと思います。ドライバーの理想的な打ち出しのコンディションは?

デイビッドソン:記憶を思い起こすなら、彼の打ち出し角は12.5度で、スピン量は2150rpmsですね。アクシェイはワールドクラスのドライバーの使い手です。体重度外視で、同じ重量で比較するならば、PGAツアー随一でさえあるかもしれません。彼の体重は55キロほどですからね(笑)。

WRX:彼のアイアンはストロングロフトです。バウンス不足に対して、何か特別にグラインドでオフセットを施しましたか?

デイビッドソン:はい、我々はリーディングエッジをより直線的にし、バウンスを調整して、芝の抜けが良くなるようにしました。

WRX:彼のバッグの中身で、調整するのに一番大変だった部分は?

デイビッドソン:3番ウッドとパターです。アクシェイは、ティショットと直打ちの両方で3番ウッドを使って数種類のショットを打ち分けます。アクシェイはこれまでパターを繰り返し替えてきましたが、ここ数週間はアームロック式のパターに落ち着き、素晴らしいパットをしています。ジョー・トゥーロンとアクシェイは素晴らしい関係性を築いています。

WRX:彼のバッグには貴方が是が非でも軽減させたい心配の種みたいなものはありますか?

デイビッドソン:我々は引き続き、彼の飛距離コントロールとグリーン回りのアプローチについて、微調整を行っています。アクシェイは「ウィンダム」前に、クロームソフトXダブルダッシュに乗り換えたのですが、風のなかでの安定感が増し、番手全体を通し、スピン量のばらつきが断然少なくなりました。

デビュー以来、彼のバッグの中身は、ドライバーと3番ウッドを現在のキャロウェイ マーベリックシリーズにアップデートし、ジョーズMD5ウェッジと新しいパターを投入した以外、そんなに替わっていない。週によって入れ替えるギアは3番アイアンのみであり、現在はエピックフォージドを使用しているが、時としてエイペックスフォージドUTを使用することもある。

現在とデビュー時の使用ギアを比較

現在の使用ギア

ドライバー:キャロウェイ マーベリックサブゼロ(8.5度)
シャフト:プロジェクトX HZURDUS “ハルク” スモークグリーン75 6.5 TX

3番ウッド:キャロウェイ マーベリックサブゼロ(15度)
シャフト:プロジェクトX HZURDUS “ハルク” スモークグリーン85 6.5 TX

アイアン:キャロウェイ エピックフォージド(3番)、キャロウェイ エイペックスMB 18 メッキなし(4番-PW)
シャフト:KBS TGハイブリッドプロト95X(3番)、KBS $-テーパーブラック 125 S+(4番-PW)

ウェッジ:キャロウェイMD5 ジョーズ メッキなし(50度、54度、60度)
シャフト:KBS $-テーパー 125S+

パター:オデッセイ SLブラック アームロック7

グリップ:イオミック スティッキー2.3ブラック

デビュー時

ドライバー:キャロウェイ エピックサブゼロ トリプルダイアモンド(8.5度)
シャフト:プロジェクトX HZURDUS “ハルク” スモークグリーン75 6.5 TX

3番ウッド:キャロウェイ エピックサブゼロ(13.5度)
シャフト:プロジェクトX HZURDUS “ハルク” スモークグリーン85 6.5 TX

アイアン:キャロウェイ エイペックスフォージドUT(3番)、キャロウェイ エイペックスMB(4番-PW)
シャフト:プロジェクトX HZURDUSブラック95 X 6.5(3番)、KBS $-テーパーブラック S+(4番-PW)

ウェッジ:キャロウェイMD メッキなし(50度、54度、60度)
シャフト:KBS $-テーパー 125S+

パター:オデッセイ ストロークラブ テン

グリップ:イオミック スティッキー2.3ブラック

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR
キャロウェイ
発売日:2020/02/07 参考価格: 84,700円

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!