ニュース

米国男子ザ・プレーヤーズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「緊張したら思い切り振る」マキロイが実践するシンプルなこと

◇米国男子◇ザ・プレーヤーズ選手権 最終日(17日)◇TPCソーグラス(フロリダ州)◇7189yd(パー72)

首位を1打差で追って出たロリー・マキロイ(北アイルランド)はスタートからの4ホールで2オーバーと出遅れたが、バックナインで「33」と盛り返し、ジム・フューリックに1打差をつけてツアー通算15勝目を達成した。

この日のマキロイは最終組の1組前。最終18番のティショットを「4(パー)で勝てると知っていたので、たぶん今日一番難しいショットだった」と振り返った。

だが、マキロイにはこんなときの対処法がある。それは、いまから約10年前。まだプロとして初優勝を挙げる前の19歳だった2008年11月、欧州ツアー「UBS香港オープン」で始めたという。

「勝つチャンスがあったのだけど、その週はずっと18番ホールのティショットが気持ち悪かった。最後のティショットは3Wだったのだけど、自分にこう言ったんだ。『もしここで自分が良いスイングをしたら、結果として何が起ころうと--僕は何か特別に信じているものがあるわけではないのだけど--ゴルフの神様はそんな真剣なスイングにはご褒美をくれるだろう』ってね」

「だから、いつでも難しいティショットを前にしたら、ティに立って、狙いを定めて、できるだけ思い切り振る。だいたいそれでうまくいくんだ。なぜなら、クリアな頭で、信じ切ったスイングをしているからね」

「この2日間、10年前の香港オープンで覚えたその小さなことを思い出して、18番を攻略したよ」

「UBS香港オープン」の翌年に初出場した2009年の「ザ・プレーヤーズ選手権」では、予選落ち後にジャクソンビルのバーに行き、年齢制限(21歳以下)のために追い出されたと笑ったマキロイ。「10年は長いよね」と、自身が歩んできた道を回想した。(フロリダ州ジャクソンビル/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ザ・プレーヤーズ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。