ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

異次元空間で“飛びすぎ注意報” 今平周吾は2オーバー発進

2019/02/22 11:50


◇世界選手権シリーズ◇WGCメキシコ選手権 初日(21日)◇チャプルテペクGC (メキシコ)◇7345yd(パー71)

標高2300mを超えるコースで、距離感の適応に苦しんだ今平周吾は2オーバーの47位タイ。初出場で練習ラウンドに比べ「試合で力が入った分、距離が出た。そこの難しさはあった」と述べた。ポアナ芝のグリーン上でも苦しみ「ショットもパットも、きょうの反省を生かしたい」と語った。

理想的な出だしを見せた。1オン可能な1番(305yd)は冷静に4Iで第1打を刻み、3mを入れバーディ。続く2番で10mを入れ2連続バーディとした。「最初は良かったけど、その後はもったいなかった」。普段と2番手は異なるという高地は、初経験。2打目をガードバンカーに入れた8番で貯金を消し、後半10番のボギーでオーバーパーになった。

この日は風が吹き、柏木一了(かずのり)キャディが「(飛距離が)異次元空間でやっている感じがするよ」と苦笑いするほど。ホールごとに飛距離の増加幅は変わり、「似た距離が残っても、場所によって飛び方が変わる」(柏木キャディ)。終盤16番では171ydを7Iで距離感を合わせるスイングをしたが、グリーンをオーバーしボギー。左サイドに池の構える17番(パー3/147yd)では、9Iでピン方向に飛ばしたが、「ショット的には悪くはなかった。あれもかなり飛んじゃった」と上10mに落ちた。

首位のロリー・マキロイ(8アンダー/北アイルランド)や2位ダスティン・ジョンソン(7アンダー)とは差がついた。「アゲンストでも想定以上に距離が出たりする。グリーンもちょっとした傾斜が難しくて距離感が合わなかった。徐々に適応して、4日間を通してアンダーにしたい」と2日目以降を見据えた。(メキシコ・メキシコシティ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。