ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 エリンヒルズ(ウィスコンシン州)

小平、今平、キム、宮里が全米出場権 最後の1枠は44ホール目に決定

◇米国男子◇全米オープン最終予選(22日)◇小野ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6895yd(パー72)

6月15日に開幕する今季海外メジャー第2戦「全米オープン」の出場権を懸けた最終予選会が36ホールのストロークプレーで行われ、小平智今平周吾チャン・キム(米国)、宮里優作の4選手が本戦出場権を獲得した。

予選会に出場したのは全36選手。2ラウンドを合計して、通算11アンダーでトップ通過を果たしたのは小平。残り3枠は、6選手(今平、キム、宮里、任成宰小林伸太郎アダム・ブランド)によるプレーオフで争われ、1ホール目に今平とキムが通過。8ホール目で宮里が最後の切符を手に入れた。

すでに出場権のあった松山英樹(昨年のツアー選手権出場者)のほか、5月22日(月)時点の世界ランク上位60位以内の資格で、新たに池田勇太谷原秀人も出場権を獲得した。

<最終予選通過者>
小平智(初出場)
今平周吾(初出場)
チャン・キム(初出場)
宮里優作(2年連続2度目)

関連リンク

2017年 全米オープン




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~