ニュース

米国男子バレロテキサスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2017年 バレロテキサスオープン
期間:04/20〜04/23 TPCサンアントニオ(AT&Tオークス)(テキサス州)

連続ダボで上位浮上逃す 石川遼が見せた”ハマった”ときの可能性

2017/04/23 08:37


◇米国男子◇バレロテキサスオープン 3日目(22日)◇TPCサンアントニオ-AT&Tオークス(テキサス州)◇7435yd(パー72)

4戦ぶりに決勝ラウンドへ進んだ石川遼は、後半1番からの連続ダブルボギーで上位浮上を逃した。風速7m/sの難コンディションの中で、前半を「33」として4アンダーまで伸ばした直後の手痛すぎるミスとなった。その後もスコアを縮められず通算イーブンパーでホールアウト。この日はアンダーパーでプレーしたのがわずか14人とスコアを落とす選手が多く、順位は47位から35位に上がった。

1番で1Wのティショットは大きく右に出て、ブッシュの中。残り45ydからの3打目のアプローチは、ピン奥に切られたカップに向かったが、グリーンをオーバーして下り傾斜の激しいラフをコロコロ転がった。2m弱のボギーパットも外した。

続く2番(パー5)。残り292ydの右ラフからの2打目で3Wを振り抜いたが、ボールは再び右の林に消えていった。必死に探したが見つからず、ロストボールで打ち直しを余儀なくされた。5mのボギーパットをわずかに左にそらすと、大きく天を仰いだ。

悔しさはもちろん残るが、攻め抜いた結果でもある。「この2つのミス(1番のティショットと2番の2打目)は練習でもしていた。迷いながら打ってミスをしたわけではなかった」と納得した。

ミスを恐れず果敢に攻めると決意した今週。この日の前半インに初めて”ハマった”。 ショートホールを除く7ホール中、4ホールでフェアウェイをキープした。347ydと短いパー4の17番では3Wを手にし 、強い追い風を受けて残り8ydの花道まで運んで3つ目のバーディを奪った。

17番以外は1Wを握り、フェアウェイキープ率は42.86%と予選2日間より改善した。「自分はドライバーがうまいわけではないけど、やっぱり自分の中では大事なピース。他のクラブの調子が本当に良くても、それだけでは絶対に勝てない。ドライバーも含めてハマったときに初めて(勝利が)見えてくる」。

「きょうの前半のような内容を18ホール、4日間できるように努力したい」。連続ダブルボギーの裏で、確かな収穫もあった。(テキサス州サンアントニオ/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 バレロテキサスオープン




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。