ニュース

米国男子ISPSハンダ ゴルフワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ
期間:11/24〜11/27 キングストン・ヒースGC(オーストラリア)

【W杯詳報3R】「71」通算7アンダーで最終日へ

◇国・地域別対抗戦◇ISPSハンダ ゴルフワールドカップ 3日目(26日)◇キングストン・ヒースGC(オーストラリア)◇7111yd(パー72)

14年ぶりの優勝を狙う日本代表の松山英樹石川遼は午後0時10分(日本時間午前10時10分)に大会3日目をスタートした。ビクトル・デュビッソン&ロマン・ランガスキューのフランス代表と同組。スタート直前の天気は曇り。風が少し出ている。気温は15度前後。

第3ラウンドはひとつのボールをペアが交互に打ち合うフォアサム形式のダブルス・ストロークプレーで争われる。奇数ホールで石川、偶数ホールで松山がティショットを担当する。

■ スコアカード(後半)

Hole101112131415161718INTotal
Par4454534443772
日本4453434443571

◆18H 457yd Par4/パー(-7)
「ザ・プレジデンツカップ」に登場したオーストラリアの私設応援団「ファナティクス」がティグラウンド脇に登場。声援を受けた松山が1Wのフェードボールでフェアウェイをとらえた。石川のセカンドは手前の8m。松山から2パットでパーで締めくくった。

◆17H 459yd Par4/パー(-7)
石川のアイアンでのティショットはバンカーに転がりかけたが、なんとか左のフェアウェイ。セカンドショットで松山がグリーン右手前にこぼす珍しいミス。フラットなライからのアプローチを石川がOKに寄せてパーを拾った。

◆16H 440yd Par4/パー(-7)
抜群の安定感を誇ってきた松山のティショットが右へ。石川が、平らな砂地から目の前の木々を避けるスライスボールを放った。第3打はグリーン奥からのアプローチ。これを松山はピンそば1mに見事に寄せてピンチを乗り切った。

◆15H 154yd Par3/パー(-7)
石川はアイアンでのティショットでピン右奥に。松山のパットは下りの難しいフックラインをオーバーさせた。石川が返しの2m弱を沈めて松山が拍手。ふたりの持ち味がはっきりしてきた。

◆14H 563yd Par5/バーディ(-7)
ティショットを放った松山は1Wから手を離して表情をゆがめるが、石川はピクリともせず「大丈夫だよ」と涼しい顔。例によってボールはフェアウェイ。2打目で石川がグリーン左手前のバンカーまで運び、松山が乗せる。石川は3mのチャンスを逃さなかった。

◆13H 370yd Par4/バーディ(-6)
フォロー風になるパー4。石川が1Wショットでフェアウェイをキープする。残り50ydあまりのセカンドは松山がウェッジで低く出したが、寄せきれずに悔しさを前面に出す。しかし石川が2mを沈めてバーディを決めた。

◆12H 574yd Par5/パー(-5)
流れを変えたい日本チーム。松山は1Wで首をひねりながらもフェアウェイに運ぶ。石川の第2打は大きく右へ曲がったが、薄いラフに落ちた。松山のサードはピン筋に飛び、手前の3m。石川のバーディパットはまたしても惜しい一打に。

◆11H 413yd Par4/パー(-5)
フランスチームはディグラウンドでサンドイッチをガブリ。石川がティショットを3Iで打ち、フェアウェイをキープした。ふたりともトイレに向かうが、満室と察して引き返す。松山のセカンドはグリーンをキャッチしたが、カップまでは10m。バーディパットは石川が右に外した。

◆10H 359yd Par4/パー(-5)
スコアをひとつ落として後半へ。松山がアイアンでのティショットをフェアウェイ真ん中に置く。石川の2打目はピン手前6mに。松山はバーディパットをショートさせて悔しがる。

■ スコアカード(前半)

Hole123456789OUT
Par43444345435
日本43453255536

◆9H 435yd Par4/ボギー(-5)
石川のフェアウェイウッドでの第1打は右に出たが、広いフェアウェイに。前方の木を避けながら放った松山のカットボールは曲がり過ぎてグリーン右手前のフェアウェイに。ウェッジでの石川のアプローチは1.2m。松山のパーパットは右にそれる。

◆8H 503yd Par5/パー(-6)
松山の1Wショットはフェアウェイ左サイドをキープ。石川はロングアイアンでグリーン手前、惜しくも2オンならず。松山は砲台グリーンへの上りのアプローチとなる3打目でパターを選択したが、ピンを3mオーバー。石川のバーディパットは短く、スコアを伸ばせない。冷たい風が吹き続けているが、デュビッソンはいつの間にか半袖。進藤キャディは短パンになっている。

◆7H 443yd Par4/ボギー(-6)
石川の1Wショットは右サイドのフェアウェイバンカーへ。松山の2打目もグリーンに大きく届かない。左からの風が吹いた3打目はピン右手前で止まる。松山の5mのパーパットもわずかにカップをそれた。ちなみに石川もベスト姿にお色直し。

◆6H 187yd Par3/バーディ(-7)
先ほどセーターからベスト姿に衣装替えした松山。第1打で精度の高いアイアンショットを見せ、ピンハイに。石川もこれに応えて右から5mを沈めた。ボギーで火がついたか、倍返しだ!

◆5H 427yd Par4/バーディ(-6)
石川が1Wでビッグドライブ。松山は追い風が吹く難しいウェッジショットをピン左に絡めた。この1.2mのチャンスを石川が丁寧に沈めてバウンスバック!フランスはデュビッソンのバーディパットがカップに蹴られたが、ヒゲで表情はうかがい知れない。

◆4H 294yd Par4/ボギー(-5)
松山はティショットで3Iを選択するが、右サイドのバンカーに。石川は残り約60ydの難しいショットを強いられ、グリーン奥にこぼす。松山も3打目、上りのアプローチを寄せきれない。石川3mのパーパットはカップのわずかに右へ。ボギーが先行した。

◆3H 400yd Par4/パー(-6)
フェアウェイウッドで放った石川の第1打は大きく左へ曲がり、バンカーに入れてしまう。左ドッグレッグのパー4で、松山は大きなフックボールが必要な状況。ここで見事にアイアンでグリーンをとらえ、ロープサイドをどよめかせる。石川の6mのバーディパットは惜しくもそれたが、タップインした松山の顔にも安堵感。

◆2H 152yd Par3/パー(-6)
松山のティショットはきっちりグリーンオン。石川は7mのバーディパットをショートさせてガックリ肩を落とす。1mのパーパットは松山。フランスのふたりに比べると、石川のヒゲはかわいいもの。

◆1H 481yd Par4/パー(-6)
同じフォアサムの初日とは変更し、石川が奇数ホールでティショットを担当。1Wショットは右のラフへ。松山のアイアンでの2打目はグリーン手前。石川は3打目をパターでピン奥1mに寄せて松山がパーセーブ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ISPSハンダ ゴルフワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。