ニュース

米国男子OHLクラシックatマヤコバの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 OHLクラシックatマヤコバ
期間:11/10〜11/13 エル・カマレオンGC(メキシコ)

初日第1打のOB危機で発奮 石川遼「このままやったら意味がない」

◇米国男子◇OHLクラシックatマヤコバ 初日(10日)◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇7039yd(パー71)

「すごく勉強になるコース」。マングローブと密林の間を縫うように作られ、各ホールの両サイドがほぼハザードのエル・カマレオンGCで、果敢にクラブを振り続けた石川遼。大会初日を3バーディ、1ボギーの「69」、2アンダー36位で終えた。

8時10分スタートの大会初日、1番ホールの第1打は1Wショットを右に曲げた。ティグラウンドで暫定球を打ったが、幸い1球目は木に当たって密林の手前、砂地のネイティブエリアに止まっていた。「置きにいって曲がるんだったら、自分のためにならない。このままやったら試合に出る意味がない」。このホールを寄せワンのパーとしたが、初日の第1打で大きな教訓を得た。

石川にとっては初めてのコース。今大会への出場を検討しているときに佐藤賢和キャディに「メキシコのコースは凄く狭いらしいけど、それでも出るの?」と言われたという。1Wを課題とする今の状況を考えると、石川向きのコースとは言い難い。「それでも出たいと思ったけど、来てみたら話のとおり、ティショットのプレッシャーがとても掛かるコースだった…」。

2番は左ラフから5Iで30センチにつけてバーディ奪取。4番(パー3)で5mを沈めると、5番(パー5)では残り250ydから3Iで2オンに成功して2パットのバーディとした。

その後はティショットが安定せず、グリーン上ではカップに嫌われて、スコアが動いたのは13番(パー5)のボギー。右サイドに突き抜けた1Wショットがハザードにつかまり、4オン2パットだった。

「良かったのはアプローチだけ。それでも、先週に比べてすごく向上心が持てているし、攻めることが出来ている」。

2週間後には、日本代表として挑む「ワールドカップ」が迫っている。パートナーとなる松山英樹が、日本で首位スタートを切ったことも当然耳に入っている。「英樹を見ていて一番感じるのは向上心。自分も昔は彼に近い部分は持っていたのに、最近は1W、アイアンでそれが持てていなかった感じがする」と、刺激を受けないわけがない。

「ここに来て良かったと思う。今日の18番のティショットはすごく掴めたものがあったし、もっと上に、もっと上手くなるために、という攻め方をしていきたい」。コースのプレッシャーを正面から受け止めて、乗り越えるために挑み続ける。(プラヤ・デル・カルメン=メキシコ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 OHLクラシックatマヤコバ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。