ニュース

米国男子リオデジャネイロ五輪の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 リオデジャネイロ五輪
期間:08/11〜08/14 オリンピックゴルフコース(ブラジル・リオデジャネイロ)

五輪強化トップの倉本「プロ」としての松山決断に理解

日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長は4日、取材に応じ、松山英樹のリオデジャネイロ五輪辞退について、「オリンピックといいながらも、プロである以上、自分の体調管理をすることが当たり前。そこに不安がある状態で無理強いすることはできない」などと話した。国内シニアツアー「ファンケルクラシック2016」(8月19~21日、静岡・裾野CC)の記者発表後に語った。

日本ゴルフ協会(JGA)のオリンピックゴルフ競技対策本部で強化委員長も務める倉本会長は同日、JGAを通じて文書で“松山選手の出場辞退は残念であるが、彼の決断を尊重したい”旨のコメントを発表。その上で、「先週、日本のテレビクルーが全部ものを取られたという話も聞いたし、選手が不安になるのは致し方ないと思う」などと、自身が把握している現地情勢も踏まえ、改めて松山の決断に理解を示した。

倉本会長は「今の規定の中ではベストな仕組みだと思うが、プロを組み込むには矛盾を抱えた中でやっている。私の中では、たとえば女子ならイ・ボミが出られなくて、世界ランク400何位の選手が普通に出られたりするのは、プロの試合としては一番の矛盾」と言葉を選びながら、持論も明かした。

また、ファンケル-の記者発表に同席したベテランの中嶋常幸は、松山の五輪辞退について「それもあるなと思った。えっなんで?とは思わなかった」と率直な感想を述べた。「日程的に厳しいし、治安の問題などマイナス要素が多すぎる」と課題を列挙し、2020年東京五輪での改善に期待を寄せた。(東京都港区/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 リオデジャネイロ五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。