ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

藤田寛之「85」の大叩き 最下位で予選落ち

ジョージア州オーガスタナショナルGCで開催中のメジャー今季初戦「マスターズ」2日目。藤田寛之は全選手中ワーストの「85」と大きく崩れ、ベン・クレンショーと並び通算20オーバーの最下位、92位タイで予選落ちした。

初日7オーバーの87位タイと大きく出遅れて迎えた第2ラウンド。冷たい雨が降りしきる午前中のスタートから、苦しいプレーを強いられた。1番で第2打をグリーン左に外し、打ち上げのアプローチをパターで転がしたが上りきらず、結局4オン2パットのダブルボギー。さらに2番(パー5)もボギーとし、反撃ムードは早々にそがれてしまった。

その後もショットの不振からは脱却できず、スコアは崩壊。「ショットが良くても難しいのに、乱れてくるとさらに厳しくなる」。13番(パー5)では第1打を左に曲げてロストボールとし、4打目でグリーン右手前のクリークへ入れて5オン2パット。しかしこの水の無いクリークからのショットの際、ハザード内でクラブを杖代わりについてしまい、2罰打を加えて「9打」。アウト「41」、イン「44」と残酷なスコアでホールアウトした。

2年ぶりに帰ってきた世界最高峰のトーナメント。しかしその舞台で「踊らされていた」と、やはり1月の疲労骨折からの回復による試合勘の欠如が大きく響いた。「コースへの対応力は前回よりもあったと思う。ピンに対してどう攻めればいいかは分かっていた。でもそこにボールを運べないもどかしさがあった」と口惜しさが充満する。

だが、それゆえにオーガスタへの思いはまた強くなった。「簡単に『行きます』と言えるところじゃない」としながらも、「また来たいなという気持ちがありますよね」。屈辱のラウンド直後にも、真摯に報道陣に対応する姿はいつもと変わらなかった。

近日中に帰国し、次週の国内ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」に出場する。「残念な結果から自分が何を汲み取れるか。それによって成長できる。いつも以上にお土産は多い」とかみしめるように話し、コースを去った。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。