ニュース

米国男子ザ・CJカップの最新ゴルフニュースをお届け

前半の「+1」は想定外 松山英樹は終盤5ホールで挽回4バーディ

2021/10/16 09:57


◇米国男子◇ザ・CJカップ 2日目(15日)◇サミットクラブ(ネバダ州)◇7431yd(パー72)

スタートの1番、ティショットを1Wでグリーン左手前のセミラフに運んだ後、松山英樹のウェッジでの第2打はハーフトップして奥のラフにこぼれた。続くアプローチは左足下がりのライを強いられ、2m弱のパーパットを決められなかった。「かなり残念。あそこからボギーを打つ選手は1人もいないのでは…」という痛い出だし。2日目も後半にスコアメークの負担がかかった。

<< 下に続く >>

ロースコアが連発される中、初日は前半2バーディ。「アウトのほうが伸ばしやすいんだろうなと思っているんですけど、なかなか思うようにいかない」という9ホールで、この日は1つスコアを落とした。2つのパー5はパーどまり。3番はグリーン左横のラフからの3打目でグリーンをオーバーさせ、6番は1Wショットを右バンカーに入れてチャンスを作れなかった。

同組の2人も慌ただしく、イム・ソンジェ(韓国)は3番で残り90yd余りの3打目をシャンクさせてダブルボギーにした。コリン・モリカワは11番(パー3)で第1打を池に入れるなど、12番までの3ホールで4つスコアを落とす乱調ぶりだった。

2021年 ザ・CJカップ 2日目 松山英樹 ハイライト
2021年 ザ・CJカップ 2日目 松山英樹 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

「13番までは全体的に流れが悪かった」と松山は7位からのスタートで、同ホールまでに順位は一時40位台まで後退。そのズルズルと低迷しかねないポジションから粘った。

2オンに成功した14番(パー5)から2連続バーディ。「(2打目は)ミスだったんですけど、バーディが取れたのは流れが変わる(要因)」とリズムを取り戻し、第2打をピン手前1mにつけた17番からもう一度、2連続。「良い感じでフィニッシュできたのは良かった」と「70」の一日を振り返った。

通算8アンダーは28位。ここまで一人旅の18アンダーのキース・ミッチェルとは10打差がついたが、2位グループとは5打差にいる。「良いプレーをして少しでも上位に食い込めるように頑張りたい」。ムービングデーこそフロントナインから勢いづきたい。(ネバダ州ラスベガス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・CJカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!