ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

東京からツアーのチャーター機で移動 松山英樹は五輪明けアンダーパー

2021/08/06 09:55


◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 初日(5日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7233yd(パー70)

東京五輪」を終えた翌日の2日(月)、世界選手権シリーズを控えた選手たちはPGAツアーが用意したチャーター機でテネシー州メンフィスに飛んだ。松山英樹もその一人。時差ぼけも、疲労も残る身体をひきずって主戦場に復帰した。

<< 下に続く >>

米国での出場試合は新型コロナウイルス感染で途中棄権した「ロケットモーゲージ・クラシック」以来1カ月ぶり。短い準備期間で調整した松山は第1打を左のバンカーに入れた序盤2番でボギーを先行させながら、3mのチャンスを生かした6番からの2連続バーディで挽回した。

後半はティショットを大きく右へ曲げた後、カート道近くからの2打目をピンそば4mにつける好リカバリーもあり、トータル4バーディ2ボギーの「68」。内容には「試行錯誤しながらやっているが、アイアンの距離感もなかなか合ってこない」、「パット自体は全然ダメ。ただ、スムーズに、しっくりきたホールでは入ってくれたので、どうしたらいいか考えているところ」と納得しなかったが、「アンダーパーで回れた。そこは良かった」と及第点を付けた。

前身の「WGCブリヂストン招待」で2017年に優勝した大会だが、会場と名称が変更された19年以降は優勝争いに加われていない。五輪メダルにあと一歩が届かなかった戦いはもう終わったこと。シーズン2勝目に向けた戦いが早々にリスタートした。

さっそくターゲットとなる選手が目の前にいる。同じ組で回ったハリス・イングリッシュが8アンダーの単独首位でスタート。「ハリスが伸ばしている。少しでも付いていけるように」。一日でも早くトップフォームに戻したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!