ニュース

米国男子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

“日本の匂い”に癒やされた? ザンダー・シャウフェレが金メダル

東京五輪 男子最終日(1日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇男子7447yd(パー71)

ザンダー・シャウフェレ(米国)には幼い頃の記憶がある。渋谷に住む台湾人の祖父母が、サンディエゴに住むシャウフェレ家を訪ねてきてスーツケースを開けたとき、いつも“日本の匂い”がしたという。「どう表現したらいいのか分からないけど…。ここ(日本)に来て、文化や人々に触れると、安心した気持ちになるんだよ」

<< 下に続く >>

松山英樹とともに最終組で金メダルを争った日曜日。「日本の人たちには何も言えないけど…祖父母はとても喜んでいるはずだよ。日本で彼らだけが、松山英樹より僕を応援していた人たちかもしれないね」と照れ笑った。

2019年「セントリートーナメントofチャンピオンズ」を制して以降、シャウフェレは2年半以上も優勝から遠ざかり、その間に何度も惜敗を味わってきた。「いつも落ち着いて見えるかもしれないけど、心の中では時々ひどいことが起きているんだ。だから、それらの経験から学んできた」

この日、14番(パー5)でティショットを右ブッシュに打ち込んでボギーとして通算17アンダーへ後退。それでも1打リードしていると思っていたら、16番でリーダーボードを見て「目を覚まされたよ」。ロリー・サバティーニ(スロバキア)が「61」をマークして通算17アンダーで上がっていた。

17番のバーディで再びリードして迎えた最終18番。またもやティショットを右に曲げたが、ロープ外にいたボランティアの首元に当たって止まり、林の奥まではいかなかった。レイアップ後の3打目をピン上1.5m弱へ。これを決めれば金メダルというパットの直前、シャウフェレはグリーン上でしゃがみ込んだ。「ちょっと間があったから、先のことを考えてしまっていたんだ。心臓の鼓動が速くなってどうしようもなかった。だから、目を閉じて、頭を下げて、とにかく目の前のパットに集中した。このパットを沈めればいい。難しいことじゃないんだって」

シャウフェレ本人にとって、金メダルは結果でしかないという。「金メダルの意味だって?優勝したっていうことだよ。みんなをやっつけたということ。自分はお金やメダルのためにプレーしているわけじゃなくて、みんなを負かしたいっていう競争心のためにプレーをしているんだ。今週は運良くみんなを破って1位になることができたっていうことだよ」

それでも、十種競技でオリンピックを目指した父・ステファンさんにとっては、自分がかなえられなかった大きな夢。「(事故で自身の夢が絶たれたあと)彼はすべてを僕のゴルフに捧げてくれた。この優勝を彼と分かち合えてうれしいよ」。家族でつかんだ金メダル。父と抱き合って喜んだ。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!