ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

全米オープンで珍事? 「目に砂が入って」棄権した世界13位

◇メジャー第5戦◇全米オープン 2日目(18日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

世界ランキング13位につけるビクトル・ホブラン(ノルウェー)が第2ラウンド10ホールを消化して棄権した。

<< 下に続く >>

ただの途中棄権なら決して珍しくない。ただ、理由はかなり独特だった。インスタグラムで左目にガーゼのようなものを当てて処置した写真をアップし、詳細に経過を説明した。

事の発端はスタート前の練習。バンカーショットを試み、左目に砂が入ってしまったという。「このような不幸な状況に直面した場合、数回瞬きをして砂がなくなるのを待つのが対処法だ。しかし、サンディエゴ特有の砂は、まだ残っていた。それはまるで、何時間もの有酸素運動をしても落ちないお腹の脂肪のようだった」

初日を3オーバー75位と巻き返し可能な位置で終えていた23歳。しばらく違和感と格闘していたが、結局、左目が極端に見えづらいまま第2ラウンドのティオフを迎えることに。プレーしながら回復を待ち、予選通過を目指す“作戦”に切り替えた。出だし4ホールこそ1ボギーと粘ったものの、前半14番から3連続ボギー。折り返しの18番(パー5)では回復傾向にあった左目が、一転して「最初の状態に戻ってしまった」。後半1番でダブルボギー。スコアは通算9オーバーだった。

「かつてあった希望の光は、どこかに逃げてしまったんだ。To withdraw, or not to withdraw. That was the question(棄権するのかしないのか、それが問題だった)」。医師の診察を受けたようだが、ウィリアム・シェイクスピアの「ハムレット」に出てくる有名なセリフを引用してユーモアを利かせるあたり、軽症だった様子。「棄権したくはなかった。すぐに戻ってくるよ」と締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!