ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

【速報】星野陸也は「74」で通算1オーバー 予選通過へ/全米OP2日目

2021/06/19 05:43


◇メジャー第5戦◇全米オープン 2日目(18日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

星野陸也は4ホール持ち越していた第1ラウンドを「69」で終え、5位で第2ラウンドへ。4バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「74」とし、通算1オーバーでホールアウトした。午後組のプレーを残すが、27位前後としており、予選通過は確実だ。

<< 下に続く >>

2番で3オン3パットのダブルボギーをたたいた。1.4mにつけた3番(パー3)でバウンスバック。6番でも2mのチャンスを生かしてバーディ、8番で4m強を沈め、1つ伸ばして折り返した。

2打目を右に曲げた10番では、2.5mを沈めて“ナイスボギー”としたが、続く11番で1mのパーパットがカップに蹴られた。13番(パー5)で3パットボギーを喫した。

バンカーにつかまった16番(パー3)、17番もボギーとした。3打目を1.2mにつけた18番(パー5)をバーディで締めた。

松山英樹は2バーディ、3ボギー2ダブルボギーの「76」とし、通算3オーバーで2日目を終えた。

浅地洋佑は3ホールを終えて、通算4オーバー。石川遼は午後1時58分(午前5時58分)にティオフする。

ホールアウトした選手では、48歳のリチャード・ブランド(イングランド)が通算5アンダーの首位に立っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!