ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米オープン
期間:06/17〜06/20 場所:トーリーパインズGC(カリフォルニア州)

「同じドリルを続けること」マキロイから笹生優花への助言

◇メジャー第5戦◇全米オープン 事前情報(16日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

2011年大会の覇者、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が水曜日の記者会見で、前日に3ホールをともにした笹生優花との話題に振れた。

<< 下に続く >>

「素敵な時間だったよ。数週間前の全米女子オープンは結構見ていて、かっこよかった。優花のスイングを初めて見たり、彼女に関する記事を読んだりしたのは、昨年テキサスで行われた全米女子オープンが初めてだった。その週はまずまずのプレーだったと思うけど、オリンピッククラブでのプレーは素晴らしかったし、彼女に会えたこともクールだった。

当然、話はゴルフスイングやそれに関連するものになったのだけど…彼女にどうしたら長期間にわたって安定していられるか?今のスイングを将来的にどう維持したら良いか?と聞かれたけど、僕が言ったのは、いつもすべてを書き残すようにしているということ。たとえ映像では同じスイングに見えても、感覚やスイングに対する考えは微妙に違っていることもあって、それらは毎日変わっていく。それがゴルフというものだから。でも、すべてを書き記して記録として残しておくと、そこへ戻る道標になると思う。

彼女に伝えようとしたことは、長い時間トップにいるということは単調でもあるということ。ずっと同じことを続けないといけないから。それがなんであろうと、ありふれて退屈なことかもしれないけど、自分のスイングの青写真を持って、同じこと、同じドリルをずっと続けていれば、20年後にはたぶん素晴らしいキャリアを築いていると思う」

マキロイ自身、5月の「ウェルズファーゴ選手権」で、19年11月以来、1年半ぶりとなる勝利を飾っている。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!