ニュース

米国男子パルメット選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 パルメット選手権
期間:06/10〜06/13 場所:コンガリーGC(サウスカロライナ州)

2021年 パルメット選手権
期間:06/10〜06/13 場所:コンガリーGC(サウスカロライナ州)

デシャンボーがうるさかったから? ケプカは“場外乱闘”に持論も展開

◇米国男子◇パルメット選手権 事前(9日)◇コンガリーGC(サウスカロライナ州)◇7655yd(パー71)

ブライソン・デシャンボーとの“確執”が表面化しているブルックス・ケプカが大会前の公式会見で、騒動について説明した。

<< 下に続く >>

数年前からデシャンボーのスロープレー問題に端を発し、関係が悪化していた2人。5月の「全米プロ」最終日、テレビのインタビュー中に後ろを通りがかったデシャンボーに対してケプカがいら立つ様子を見せたことが再びクローズアップされるきっかけとなっていた。

「とにかくうるさかったんだ。叫んでいたとまでは言わないけど『完璧なショットを打ったのに…』とか、大きな声だった。スコアカードにサインするためか、どこかへ行く途中だったんだろう。僕に話しかけていたわけではなかった。(インタビュー中の)僕のすぐ後ろにいることに気付いたのか、少しボリュームを下げてくれたけど、それでもまだ…」

いら立ちの理由を明かした上で、ライバルと表現するにも険悪なムードが先行する2人の構図が「ゴルフ界にとって良いこと」と持論も展開した。

「ゴルフの話題が(全米プロから)2週間にわたって、ほとんどすべてのニュースメディアで取り上げられている事実は良いことだと思うよ。伝統を重んじる人たちが良しとしないのも分かるけど、ゲームを進化させていくためには若い世代にも手を差し伸べなければならない。これがそうだとは言わないけど、(結果として)多くの人に届いている」

デシャンボー側は、自身の代理人がPGAツアーと話し合う可能性も示唆している。ケプカは「どうすればゲームや選手にとってより良くしていけるか、ツアー側とは常にコミュニケーションを取っているよ」とも話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パルメット選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!