ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 AT&Tバイロン・ネルソン
期間:05/13〜05/16 場所:TPCクレイグランチ(テキサス州)

【速報】松山英樹は通算12アンダー 小平智は「67」で17アンダー

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 最終日(16日)◇TPCクレイグランチ (テキサス州)◇7468yd(パー72)

悪天候予想を受けて、午前中から1番と10番に分かれて3人1組でのプレーとなった最終日。通算10アンダー44位で出た松山英樹は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算12アンダーとして、初制覇したメジャー「マスターズ」以来のツアー復帰戦を終えた。

<< 下に続く >>

松山は午前7時22分に10番からスタート。14番で3.8mを決めてバーディを先行させると、パー3の17番では7.3mをねじ込んだ。3オン2パットのボギーとした2番のあとの3番でバウンスバック。2打目を1.6mにつけてバーディとした。6番は3.1mを決めきれなかったが、最終9番(パー5)をバーディで締めた。

12アンダー25位から出た小平智は8バーディ、3ボギーの「67」でプレー、通算17アンダーとスコアを伸ばした。ホールアウト時点で13位グループ。

1番からスタートし、2番で2mにつけてバーディを奪った。この日4つ目のバーディとした8番では2打目がワンバウンドしてピンを直撃するなど、好調なショットとパットがかみ合い、前半だけで5つスコアを伸ばした。一時はトップ10に入る位置につけたが、後半は一進一退。最終18番(パー5)はバーディで締めた。

25位から出たパットン・キザイアが10バーディ、1ボギーの「63」をマークし、通算21アンダーでホールアウト。1打差2位で出たイ・キョンフン(韓国)が前半で3連続バーディを奪うなど、11ホールを終えて4つスコアを伸ばし、通算23アンダーで首位を走っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 AT&Tバイロン・ネルソン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!