ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

2週連続ダボ締めも「ショットだいぶ改善」 松山英樹は予選落ち危機から18位

2021/03/08 09:24


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 最終日(7日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

強風のコンディションでの全選手平均スコアは「75.501」。松山英樹の「72」は優れたスコアで、通算2アンダーのまま順位は前日の35位から18位に上がったが、手放しで喜ぶわけにはいかなかった。最終18番でフェアウェイからの第2打をハザード内の岩場に落としてダブルボギーフィニッシュ。「最後はトップ10に入れそうだった」だけに悔しい。

<< 下に続く >>

優勝争いからは離れた場所でも「6アンダーくらいで回れば、この風なので“ワンチャンス”あるかなと思っていた」と上位進出の望みを捨てていなかった。前半は5番で1mのバーディパットを外し、6番(パー5)では左足下がりのバンカーからの3打目がグリーンに乗らずボギー先行。スコアを伸ばしあぐねた。

8番で下りの4mを沈めて、ようやく初バーディ。4mを立て続けに決めた12番(パー5)から2連続としてさらに伸ばした。続く14番ではアプローチミスから残した5m弱をしぶとく決めてパーセーブ。結果的に3人しかいなかったこの日のアンダーパーを記録したかに思われたが、最終ホールで「安全に行った」はずの2打目が突風にあおられた。前週の「ワークデイ選手権」でも72ホール目をダボにしており、「2週連続ですごく嫌な上がり方。来週は良い上がり方ができるようにしたい」と反省した。

次週は“第5のメジャー”の異名を持つ、同じフロリダ州での「プレーヤーズ選手権」(TPCソーグラス)。コース記録の「63」をマークしながら、コロナ禍でその初日の夜に中止、シーズン中断が決まった大会から1年が経つ。「63? 周りはそう言うんですけど、自分としては何も思っていないので。去年はなかったと思っている」と新たな気持ちで今はいる。

松山にとって同大会は、予選落ちした「ジェネシス招待」(カリフォルニア州リビエラCC)から続く4連戦の最終戦でもある。スイングを再構築する中で「リビエラのときに比べたら、ショットがだいぶ改善され始めている」と状態が上がってきた。予選通過圏外の初日87位から日々順位を上げた要因でもある。

課題のグリーン上。この日のミスを悔やみながら、今週のストローク・ゲインド・パッティング「+1.666」は全体の32位と特別、足を引っ張る要素ではなかった。「良くないところはたくさんあるが、良いパットが出てきている。これをもうちょっと、ちょっとだけでいいので良くなれば上位に行けると思う。優勝争いに絡んでいけるようになりそうだなあと」。期待を少し膨らませて。PGAツアーの総本山・TPCソーグラスまで2時間、車を走らせる。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!