ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

ベイヒル6番の1オン マキロイ「僕にはノーチャンス」

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 初日(4日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

ロリー・マキロイ(北アイルランド)は優勝した2018年以外にも当地で好成績を残してきた。17年に4位、19年6位、20年は5位。「ここでは特別良いスコアが必要とは思わないんだ。ティショットは堅実に、アイアンを使うことも何度もある」。好相性は今年も健在。後半2番(パー3)からの5連続バーディなどで「66」をマーク。6アンダーの首位発進を決めた。

<< 下に続く >>

積極策を取りすぎない攻め方は、ベイヒルで最多の8勝を挙げたタイガー・ウッズから着想した。「彼のこのコースでのプレーを何年も見てきた。パー5に注意を払って、すごく堅実にプレーしていた。お手本にしている」。この日の計測ホールでの平均飛距離336.2ydは全体トップだが、ティイングエリアでの意識は普段よりも“控えめ”。むしろ、攻略のカギにしていた4つのパー3で、3バーディを稼いだことに「ボーナス」と満足げだった。

とはいえ、マキロイは「このコースはPGAツアーのどの試合よりも」選手個々のティショットの優劣が成績に反映されやすいとも感じている。「ストローク・ゲインド・オフ・ザ・ティ部門(スコアに対する第1打の貢献度を示す)で、今季ここまでブライソン・デシャンボーがトップで、僕が2位にいる。僕ら2人はきょう、いいスコアで回っただろう」と、1打差3位にいるデシャンボーの名前を見逃さない。

ところで今週は6番(パー5)のティショットで、デシャンボーによる湖越えのショートカットが期待されている。350ydのキャリーが必要とされ、自身がトライする可能性について問われたマキロイは「いやいや。僕にはノーチャンスだ。ブライソンみたいに200マイル(約320キロ)のボールスピードはないからね」と淡々。「でも、きょうは(2打目を)7Iで打った。毎日7Iでグリーンを狙えたら幸せだ」と穏やかだった。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!