ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

デシャンボーは555ydパー5で309ydの“刻み” 「10マイルの追い風ならば」

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 初日(4日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

1日当たり8000人を上限に来場者を認めた今大会。多くのギャラリーは入場ゲート近くの6番(パー5)でその瞬間を待った。湖の周りを半周する名物ホール。ファンの期待を熟知したブライソン・デシャンボーは、ティイングエリアでキャディバッグからアイアンを引き抜いた。

<< 下に続く >>

「ジョークのつもりで」とひと笑いを取ってから、1Wに持ち替えてショット。好条件が整った場合に“予告”していた、湖の向こうのグリーンは狙わず、はるか右側にターゲットを取った。

「(後半)4番をプレーしていたとき、風向きが変われば可能性はあると思ったんだ。でも1オン狙いの期待値も高く、ちょっと僕もプレッシャーを感じていた」。ショートカットには350ydのキャリーが必要。この日は309yd先のフェアウェイに“刻み”、残り206ydを2オンさせて3連続バーディ。首位に1打差の3位発進に成功した。

デシャンボーはこの日、普段よりも重量のある1Wのヘッドを使用したという。その分ヘッドスピードは落ちるが、スピン量が(分速)3000回転前後出て、ボールの行方をコントロールしやすいモデルだった。

「いつもの2000回転前後の1Wだったら、きょうも行けたと思う。明日か、週末にもっとフォローの風が吹いてくれたら」と、あきらめてはいない。「時速10マイル(秒速4.4m)の追い風が吹いたら狙うよ。必ずしもグリーンではなくて、30、40ydほど右のバンカーの辺りを含めてね」

ホールアウト後、同組でプレーしていたジョーダン・スピースは「興味がないと言ったらウソになる」と言った。ドライビングレンジの隣の打席で居残り練習していた松山英樹をはじめ、多くの選手たちが苦笑いもしながら、デシャンボーの弾道に目を凝らしていた。

1試合で280球前後、年間で数千球以上を放つショットのうち、“一発”への期待がコースに充満している。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!