ニュース

米国男子WGCワークデイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

デシャンボーに「飲み込まれた」稲森佑貴 パー3の番手は6I対5W

◇世界選手権シリーズ◇WGCワークデイ選手権 最終日(28日)◇ザ・コンセッションGC (フロリダ州)◇7474yd(パー72)

日本ツアー賞金ランキング上位の資格で出場した稲森佑貴は、最後の18ホールで“世界”を体感した。3アンダー28位タイから「78」で通算3オーバー48位タイ。崩したスコアを悔いたのもさることながら、同組のブライソン・デシャンボーのパワーに圧倒された。

<< 下に続く >>

「ブライソンです」――。1番ティ横のパッティンググリーン。先に大きな右手を差し出して、自己紹介してきたのはデシャンボーだった。初対面。2サムのラウンドで、それぞれのキャディの名前も確認。スタート前の和やかな雰囲気は第1打が放たれるなり一変した。

いきなり1Wを猛スピードで振り切る姿に、稲森の顔には思わず笑みが。今大会で初めてパー3を除くホールでラフから2打目を放ち、3パットボギーと出端をくじかれた。

「朝から調子が良くなかった」というショットはキレがなく、3番(パー5)の1Wでの飛距離は288yd。すると目の前で375ydドライブを見せつけられた。さらに驚かされたのが続く4番。241yd設定の長いパー3で握った番手は自身の5Wに対して、相手は6I。アゲンストの風が吹いたこの日、他の組を見ても、ここでウッドやハイブリッドを握ったのは稲森だけではない。「感覚がおかしくなりそう」というのも無理はなかった。

前日、組み合わせが決まる前から、インターネットのリーダーボードでこの世界屈指の飛ばし屋の順位とスコアを気にし、同伴を「早い段階で実現した」と楽しみにしていたという。デシャンボーはその想像の「全てを超えてきた」

インパクトの衝撃に「ボールがかわいそうなくらい。破裂するんじゃ…。ドライバーもウェッジみたいに軽々振っている。(自分は)もっと体力つけないと…」と苦笑い。「アームロックのパットも毎ホール安定していた。真似はできないが、ひとつ参考としてはアリなのかなと」。ショートゲームの技術にも目を奪われた。

「自分のゴルフが全然できなかった。飲み込まれた」のが悔しい。フェアウェイキープ失敗は2日目、3日目と同じ2ホールだけだったが、数字で表現されないショットの不調を感じていた。最終日はパッティングも振るわなかった。「(前日までのプレーを)きょうで台無しにした。なんでこうなったのか、修正したい」。4月の国内ツアー再開が待ち遠しい。ただの72ホールにとどまらない分の刺激があったはずだ。(フロリダ州ブラデントン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCワークデイ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!