ニュース

米国男子WGCワークデイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

新ドライバーを開発中? デシャンボーはパワーに“精度”を求めるフェーズ

◇世界選手権シリーズ◇WGCワークデイ選手権 2日目(26日)◇ザ・コンセッションGC (フロリダ州)◇7474yd(パー72)

ブライソン・デシャンボーは今大会の優勝候補の最有力選手のグループにいた。コロナ禍でメキシコから変更された今大会の会場の大会開催実績で、目立ったトーナメントは2015年の「NCAA選手権」。そこで勝ったのが、当時南メソジスト大に在学中だった“ゴルフ科学者”だった。

<< 下に続く >>

2日目を終えて通算3アンダーの20位タイの成績は、この第2ラウンドのコースレコード「64」が効いた。「今週はスイングを大きく変えていることがある。とはいえ、きのうは5オーバーも打ったように感じなかったんだ。きょうは正しい方向に向かっているはずだと信じて同じスイングをするようにした」と結果が好転した。

今週のデシャンボーは稀代の飛ばし屋としての印象が少々薄い。ドライビングディスタンス部門の平均290.6ydは全体の40位。1Wをほとんど使わず、3Wとロングアイアンをティショットで多用しているがゆえだ。

最近は左右への大きな曲がりを減らすことに集中。契約するコブラとは、新しいドライバーのヘッドについて研究を重ねているという。肉体改造によって手に入れたロングドライブは時折、予想外の飛び方をする危険性も感じている。

「誰も(自分のように)時速200マイルのボールスピードを伴うプレーの仕方を知らないからね。ミスヒットでなくとも、時々思わぬ反応をすることがある。数週間後にはおもしろいものを手にできる。エラーを減らして、またハイスピードで振ることができたらいい」と“予告”した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCワークデイ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!