ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/28〜01/31 場所:トーリーパインズGC(サウス)(カリフォルニア州)

2021年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/28〜01/31 場所:トーリーパインズGC(サウス)(カリフォルニア州)

“モヤモヤ”から“納得”の松山英樹 マレットパターは「あした戻します」

2021/01/31 10:19


◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 3日目(30日)◇トーリーパインズGCサウスコース(カリフォルニア州)◇7765yd(パー72)

松山英樹は1バーディ、3ボギーの「74」とスコアを2つ落とし、通算イーブンパー45位に後退した。

<< 下に続く >>

午前7時40分スタートの第1組に入り、グリーン上でマレット型のパターを手にしたムービングデー。初日に回ったメインのサウスコースに戻って、いきなり1番から5m強のパーパットを沈めてピンチをしのいだ。

ティショットをバンカーに入れた4番でボギーが先行。7番はピンに近いバンカーショットを寄せきれずボギーとした。折り返しのパー5となる9番もティショットをバンカーに突っ込み、3m近いパットを決めてのパーセーブともどかしい展開が続いた。

後半は難度1位の12番で2打目がグリーンサイドのバンカーに落ちてボギー。「いいきっかけが見つかりそうな感じがあったんですけど、それが続かない。そこでまた試行錯誤して、またダメでというのを繰り返していたので、ちょっとモヤモヤって感じです」。フェアウェイキープ率は42.86%にとどまり、パーオン率はノースコースを回った2日目も含めて3日間で最も悪い50%と必死のスコアメークが続いた。

待望した納得の一打が出たのは最終18番(パー5)。301ydを計測したティショットがしっかりフェアウェイを捉えた。2打目をグリーン近くまで運び、タップインでこの日唯一のバーディを奪って締めくくり、「最後のティショットで距離も出ていた。きっかけになるんじゃないかなというのがちょっと見えた」と顔を上げた。

最終日に向け、「あんまり良くなかったので、あした戻します」とエースのピンタイプパター再投入にも言及。2016、17年と連覇を飾った次週「ウェイストマネジメントフェニックスオープン」にもつながっていくラスト18ホールも、自らを高めるトライが続く。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!