ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

デービス・ラブIIIが2022年「プレジデンツカップ」米国主将に

PGAツアーは26日、通算21勝のデービス・ラブIIIが2022年「プレジデンツカップ」米国選抜のキャプテンに就任したことを発表した。トレバー・イメルマン(南アフリカ)が率いる世界選抜を、ホームのノースカロライナ州クエイルホロークラブで待ち受ける。

「プレジデンツカップ」は1994年にスタートした2年に1度の対抗戦。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年予定されていた第14回大会が22年に延期された。前回、19年のオーストラリア・ロイヤルメルボルンGCで大逆転勝利を収めたタイガー・ウッズから、ラブは9代目の主将としてバトンを受け取った。

<< 下に続く >>

米国選抜は通算成績で11勝1分1敗と世界選抜を圧倒。ラブは選手として初回大会を含めて6回出場した。欧州選抜との「ライダーカップ」ではキャプテンの経験が2回あるが、「プレジデンツカップ」では初めて(13年、15年、17年に副キャプテン)。

「とても名誉なこと。米国チームは94年から素晴らしい成績を収めてきた。伝統を引き継ぎ、カップを渡さぬよう全力を尽くしたい」とコメントした56歳にとって、クエイルホロークラブのあるシャーロットは出生地で、母校のノースカロライナ大が拠点を置く縁深い土地とあって気合も入る。

日本勢は松山英樹が13年から4大会連続で出場。クエイルホロークラブは17年「全米プロゴルフ選手権」で惜敗、メジャー初制覇を逃したコースだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!