ニュース

米国男子ビビント ヒューストンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ビビント ヒューストンオープン
期間:11/05〜11/08 場所:メモリアルパークGC(テキサス州)

「どうしたもんか…」松山英樹はアイアン不満もパットで7バーディ

2020/11/08 07:21


◇米国男子◇ビビント ヒューストンオープン 3日目(7日)◇メモリアルパークGC(テキサス州)◇7432yd(パー70)

予選ラウンド2日間「70」をそろえていた松山英樹は、ムービングデーにしっかりとスコアを動かした。ウィル・ゴードンスコット・ピアシーと並んでこの日フィールド最多となる7バーディを奪い、パー3でボギー3つを喫しながら「66」。首位と5打差の通算4アンダー8位に浮上した。

<< 下に続く >>

残り87ydを1mに絡めた3番(パー5)、グリーン右手前からフワリと浮かせて流し込むチップインを決めた5番、10m強のロングパットを入れた6番と3バーディが先行。2つのボギーをたたいて折り返したが、10番ではグリーンエッジから「パターみたいなもの。チップインという感じはしなかった」とウェッジで8mを転がしてねじ込んだ。

11番(パー3)で3つ目のボギーが出た後、330ydと短いパー4の13番、8mを沈めた14番と連続バーディ。16番(パー5)はフェアウェイから残り229ydのセカンドショットで2オンを狙わず池の手前に刻み、3打目をチャンスにつけて7つ目のバーディにつなげた。

「アイアンの距離が10ydちょっと飛ばないので『どうしたもんか…』という感じですね」。本領発揮とはいかなかった持ち味について苦笑交じりに口をとがらせつつ、グリーン上のパフォーマンスでカバーした。ストロークゲインドパッティング(パットのスコア貢献度)は「+1.706」を記録。3日連続のプラス数値で、フィールド8位の「+4.484」と連日スコアを支えている。

「パットが入ってくれれば、アイアンがあんまり良くなくても、これ(7バーディ)くらいは獲れるんだな、と。この状態をキープしたい」。フェアウェイキープ率84.62%と高水準をマークしたティショットの充実ともども、気持ちを後押ししている。

次週のメジャー「マスターズ」を前に、逆転も狙える位置からのラスト18ホール。「少しだけチャンスが残っていると思うので、その“少し”をしっかりとものにできるように頑張りたい」と前のめりで言った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ビビント ヒューストンオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!