ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッドの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド
期間:10/22〜10/25 場所:シャーウッド(カリフォルニア州)

2020年の海外転戦ひと区切り 石川遼は「ショートアイアン」のテーマ継続

2020/10/26 11:20


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド 最終日(25日)◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073yd(パー72)

コロナ禍で国内ツアーのトーナメントがほとんど開催できていない2020年、石川遼はメジャー2試合を含めて米ツアー5試合にスポット参戦した。特に8月の「全米プロゴルフ選手権」以降の3試合は、3月から契約する田中剛コーチと二人三脚で方向性を決めて戦った。

<< 下に続く >>

スイングの再構築に加え、課題と語る「100から140yd以内のショット精度」を強みに変えていく作業。練習からコースチェック、マネジメントに至るまで焦点を絞ってのトライだ。

インスタートから1つ伸ばして折り返したが、後半の3ボギーで「74」。この日のスコア、通算5アンダー63位タイという結果以上に着目したのが後半の2打。2番(パー5)では残り108ydからの3打目をピンと同じ段に乗せられず、バーディチャンスにつなげることができなかった。最終9番もフェアウェイからのアイアンショットを右手前のバンカーに入れた。「この2打が悔しい。今週の悪い2打だった」と言った。

「まずはできることとして、(いま取り組んでいる)スイング全体を(完璧に)作り上げていくこと、ショートアイアンの距離感」とした上で、ロードマップを示した。「5番ウッドより下でスイングの大きなエラーは出なくなってきた。“コントロールレンジ”とでも言うんですかね、スイング自体をコントロールできるクラブに、3番ウッドが入ってくれれば、次のステップはドライバーかなと思う」

腰を据えた積み重ねによって、見えてきたこともある。「いいときと悪いときの差とか、ずっと同じことに取り組むことによって、自分でも感じることができる。まだ“小さなゴルフ”しかできない状態ですけど、徐々に精度を高めていって、大きいクラブを持っても同じような精度でできれば、みんなみたいにもっと“大きいゴルフ”もできる。まずは、ここからじっくりとゴルフ自体を組み立てていく」。あらためて、決意を示した。(カリフォルニア州サウザンドオークス/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!