ニュース

米国男子ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッドの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド
期間:10/22〜10/25 場所:シャーウッド(カリフォルニア州)

課題と向き合う石川遼は64位発進 「勝負したい」距離とは

2020/10/23 11:09


◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド 初日(22日)◇シャーウッドCC(カリフォルニア州)◇7073yd(パー72)

石川遼は2バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「73」で1オーバー64位タイとして初日を終えた。ティショットを左に曲げてダブルボギーをたたいた後半5番(パー5)を「スイングのミス」と受け止め、「自分の課題であり、強みにしていきたい部分」と話していた100から140yd以内のショット精度にフォーカスしてPGAツアーのセッティングと向き合った。

<< 下に続く >>

前半16番(パー5)でセカンドショットを残り125ydの距離にレイアップ。ジャッジに迷うような風も吹く中、段を上ったところに切られたピンに対し、3打目は上から7mを残した。後半2番(パー5)では、残り100ydほどの3打目を2m弱に絡めてバーディを奪った。

グリーンの硬さやピン位置など、最高峰のセッティングは、やすやすとバーディチャンスを与えてはくれない。「傍から見たらわからないような、ちょっとしたミスが、結果として2,3mの差になってしまったりする。完璧なところに落とした選手だけが、1mのチャンスにつけられる。スピン量、距離感(の精度)というところがすごく求められる」

米ツアー返り咲きを目指す石川が、活路を見出していきたい部分でもある。「そこの精度は引き続き、もっともっと上げていけると思う。きょうのあしたで(簡単に)どうこうというわけにはいかないですけど、残り3日間も、そういう距離で勝負していきたい」。自らのプラン遂行へのトライに迷いはない。

距離の短いコースだからこそ、アイアンの精度がキーになるのは開幕前の見立て通り。「(このコースで開催した大会の)過去のチャンピオンを見ても、もちろんタイガー(ウッズ)もそうですし、ルーク(ドナルド)とか、セカンドショット以降で組み立てる、そういうゴルフが求められる。自分も将来、そういうゴルフ(が理想)かなと思っているので、そういう意味で、こういったコースで学べることはたくさんある」。目の前に広がる18ホールが、成長の道標になる。(カリフォルニア州サウザンドオークス/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ZOZOチャンピオンシップ@シャーウッド




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!