ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米オープン
期間:09/17〜09/20 場所:ウイングドフットGC(ニューヨーク州)

予想外?のアンダーパー続出 松山英樹「自分にもチャンスあった」

2020/09/18 07:15


◇メジャー第1戦◇全米オープン 初日(17日)◇ウィングドフットGC(ニューヨーク州)◇7477yd(パー70)

大会前には通算8オーバーという優勝スコア予想もあった中で2バーディ、3ボギーの「71」で1オーバー暫定33位発進。それでも、松山英樹の表情には悔しさがにじむ。「グリーンが思ったよりソフトだったので、思ったよりスコアが出ているんじゃないか。自分にも出せるチャンスがあったのに、出せなかったのはすごく残念」と言った。

<< 下に続く >>

開幕したばかりのグリーンはまだ軟らかく、ピン位置も比較的易しかった。同組のパトリック・リードが7番(パー3)でエースを決めるなど4アンダー、1組後ろを回ったジャスティン・トーマスは5アンダーでホールアウト。追いかける展開に口ぶりもシビアになる。

ティショットを左へ大きく曲げた1番は1.6mのパーパットをねじ込んで耐え、5番でバーディを先行させた。前半でパーオンに失敗したのは1ホールだけ。「ショットは全体的に、ドライバーもすごく安定していたし、久々にいい形でプレーできた」

安定した前半から一転、折り返した後の4ホールで3つスコアを落とした。10番(パー3)でピンサイドからのバンカーショットを強いられ最初のボギーをたたくと、パー5ながらホール別難度で上位に入る12番、続くパー3の13番はいずれも3パット。「パッティングがうまくいかなかった。グリーンが硬いのか硬くないのか、最後まで分からずいってしまった感じ」と振り返る。

底力を見せたのは終盤。15番で残り130ydから1.2mのチャンスに絡めて久々にバーディを奪取。16番はグリーン奥のラフから絶妙なアプローチでタップインパーを拾い、17番でも3mのパーパットを沈める粘りを発揮した。「14番以降はいいパッティングができた」とうなずきつつ、「18番を入れることができたらもっと良かった」。1.5mのバーディパットがわずかに左を抜けたフィニッシングホールに唇をかんだ。

フェアウェイキープ率はフィールドでも高水準の71%。「きょうと同じようにティショットを安定させて、あとはパッティングがうまくいけば、いいゴルフができると思う」。我慢比べの展開が見込まれる週末を前に、上位との差を詰めていく。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!