ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

ウッズが新パターで最終調整 名手ストリッカーは太鼓判

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 事前情報(5日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

タイガー・ウッズはメジャー通算15勝のうち14勝をスコッティキャメロン GSS ニューポート2で飾ってきた。まさに代名詞ともいえる1本にマイナーチェンジを加え、今季唯一のメジャー「全米プロゴルフ選手権」に向けた最終調整を行った。

<< 下に続く >>

長年にわたってウッズにパッティングの助言を送ることもある名手スティーブ・ストリッカーは、開幕前日の練習ラウンドをデービス・ラブIIIと3人でともにした際、新たなパターについて尋ねた。

「基本的には(GSSニューポート2と)同じみたいだけど、グリーンのスピードに合わせてウェイトを調整できるようだね。一番の違いは長さだろう。少し長くしたことで、腰を痛めずに長時間練習できると興奮気味に話していたよ」

ストリッカー自身はメジャー直前に限らず、キャリアでパターを替えたことはないという。新たな相棒で練習するウッズのパッティングは「以前と変わらないように見えた。素晴らしいボールの転がりをしていたよ。パターのことを聞いたときも、すごくいい顔をしていたね」と証言。さらに「大丈夫だ。彼はタイガー・ウッズだから」と太鼓判を押した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!