ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

4試合ぶり参戦のウッズ 思い出の地は見慣れない光景へ

◇メジャー第1戦◇全米プロゴルフ選手権 事前(4日)◇TPCハーディングパーク(カリフォルニア州)◇7251yd(パー70)

7月の「ザ・メモリアルトーナメント」以来、4試合ぶりにタイガー・ウッズが参戦する。今季初戦で唯一のメジャーとはいえ、会場にギャラリーの歓声が響くことはない。21回目の出場で「これまでとはかなり違うものになる」と見慣れない光景を覚悟している。

<< 下に続く >>

開催地のTPCハーディングパークは2005年「WGC アメリカンエキスプレス選手権」でジョン・デーリーと激闘の末にタイトルをつかみ、09年「プレジデンツカップ」では米国選抜として5戦全勝して勝利に貢献した思い入れの深い場所だ。「WGC-」では「片方の耳が聞こえなくなった」と表現するほど観衆は盛り上がりを見せた。「みんな夢中になっていて、とても楽しかった。今でも思い出す」と、過去の記憶をたどった。

そんな熱狂とは無縁になる今大会。「でも、メジャーであることは変わりない。世界最高の選手たちが集まっていて、ロープ内のみんなのエネルギーは十分ある。ファンがいないことがどういう感じなのか、感じられる位置にいられるといいと思うし、勝利のチャンスをつかめるようにしたい」と、目の前のことに集中する。

「試合にはあまり出てなかったけど、たくさんプレーをしてきた。ここでやるのが楽しみだ」と準備万端を強調する一方、自宅のあるフロリダと比べて寒暖差があるため、腰への負担を懸念する。「毎日気温が35度あるフロリダのような可動域が無いのは分かっている。重ね着をしたりして体を冷やさないようにしたい」。ジャック・ニクラスが持つ史上最多のメジャー通算18勝に次ぐ通算16勝目、ツアー史上最多記録となる通算83勝目に向けた挑戦が始まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!