ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

「ミス」でもスーパーイーグル 松山英樹はショット充実でメジャーへ

2020/08/03 09:20


◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 最終日(2日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

今季唯一のメジャーを目前に控える松山英樹は前向きな言葉を紡いだ。「だいぶ基本的なことを忘れている部分があったと思う。そこを少し見つけられたのは、すごく良かった。ミスしているところもちょっとずつ分かるようになってきた。うまく調整できれば、ショットだけなら上位にいけるんじゃないかなと思う」と視線を上げた。

<< 下に続く >>

メジャー前最後のラウンドは、いきなり派手にスコアを動かした。3番(パー5)、残り267ydから3Wの2打目はピンそば1mにピタリとついた。フィニッシュで手を放し、「ミスショットです」と静かに言いつつ、悠々とイーグルを決めた。

難しい寄せを強いられた7番、バンカーから1打で出せなかった8番(パー3)と連続ボギーをたたいたものの、グリーンを外したのはその2ホールだけ。4日間を通じたパーオン率はフィールド4位タイの73.61%を記録した。

グリーン上のチャンスを決めきれず、バーディは後半の3つ。最終18番で9mのバーディパットがわずかに外れた場面を振り返り、「最後も悪いパットじゃなかった。いいホールがあったら次のホール、何かずれてしまうというのがある。きょう途中で気づいたところもあった」と言った。

感覚上々の「68」で20位フィニッシュでも、もちろん自らに課すハードルはさらに高い。手ごたえを口にしたショット面に関しても「もう少し安定して、何も考えずに今のゴルフができるようにしていけたら」と話すように、4日間コンスタントにそろえられてこそという思いがある、

次戦は、いよいよ「全米プロゴルフ選手権」(6日~/カリフォルニア州TPCハーディングパーク)。異例のシーズンが続き、メジャーの舞台も昨年7月の「全英オープン」以来、1年ぶりとなる。「きっかけは少しずつ見つけているので、来週に向けて良かった。まず寒いと思うし、ボールが飛ばないと思うので、どれくらい体に影響あるか。その寒さに慣れていかないといけない」と西海岸でのプレーをイメージした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!