ニュース

米国男子ワークデイ・チャリティオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ワークデイ・チャリティオープン
期間:07/09〜07/12 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

プロ初の予選落ちから モリカワは愛犬とリフレッシュして首位発進

◇米国男子◇ワークデイ・チャリティオープン 初日(9日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7456yd(パー72)

米カリフォルニア州出身の日系米国人、コリン・モリカワが1イーグル6バーディ、1ボギーの「65」でプレー。7アンダーで単独首位を決めた。

<< 下に続く >>

「本当に安定していた日でした。ティショットもアイアンショットもよかった」。前半5番(パー5)で残り245ydの2打目を1mにつけてイーグル。続く6番でも2mのパットを沈めてバーディを奪った。フェアウェイキープ率86%、パーオン率は78%を記録した。

2週前の前戦「トラベラーズ選手権」ではプロ転向後、23戦目にして初の予選落ちを喫した。過去30年ではタイガー・ウッズが1997年に記録した25戦連続予選通過が最長だっただけに、23歳の失速は話題を呼んだ。「タイガーと比較されるのは本当にうれしいですし、そのことをポジティブに考えています」と話した。

前週は試合に出場せず、コーチとの練習や休養にあてた。「クリスタルという名前の犬を飼っているので、一緒に遊びました。ラブラドール・レトリバーとピットブルのミックスで7歳のメスです。本当にかわいくてリラックスできました」と振り返った。

2019年7月「バラクーダ選手権」に続く2勝目の期待も大きい。「きょうはいい感じでした。あと3日間これを続けるだけです」と気持ちを切り替えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ワークデイ・チャリティオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!